歯学部の紹介Introduction of the Faculty of Dentistry

国際交流

外国人留学生・教員の受け入れ

新潟大学歯学部には世界各国から最新の歯科医学を学ぶために多数の留学生が在籍しています。これら外国人留学生は五十嵐キャンパスで日本語教育を受けた後、大学院医歯学総合研究科に入学し、日夜研究に励んでいます。現在までにインドネシア・ペルー・アフガニスタン・サウジアラビア・中国・バングラディシュ・ボリヴィア・ニカラグア・チュニジアなど多数の国から留学生を受け入れてきました。また、大学院修了後、その研究成果や活動が評価され、教員として採用されて学生教育にあたっている人もいます。

外国人留学生・教員の受け入れ
このページの先頭へ

歯学部の短期留学プログラム

新潟大学歯学部では、歯学部在学中の国際交流を重点的に推進しています。本学歯学部の交換留学プログラムは2011年度より、日本学生支援機構(JASSO)による留学生交流支援事業(ショートステイ/ショートビジット、略称SSSV)に採択され、多様な学生の受け入れや派遣を行っています。本事業では旅費・滞在費の一部が支給され、2011~2012年度に39名の歯学部生を外国の大学歯学部に派遣し、また40名の学生を受け入れました。派遣先はタイ、インドネシア、台湾、メキシコ、スリランカ等、受け入れ先はこれらに加えてインド、モロッコ等多岐にわたり、お互いに10日~2週間程度滞在します。派遣先ではそれぞれの国や地域の特性を活かしたさまざまな短期研修プログラムが組まれており、参加した本学歯学部生は日本とは異なる環境で貴重な経験をすることができます。また、来学した学生たちも、本学教員による英語の講義・実習を通じた学習の他、本学学生との交流、日本文化や新潟の食を楽しんでいます。若いうちに外国で学び異文化を知ることは、大きく見聞を広げる良い機会になります。新潟大学歯学部を目指す受験生のみなさんも、ぜひ、入学と同時に国際人への第一歩となるこのチャンスをつかんでください。

このページの先頭へ

教員の海外研究派遣

海外での共同研究や研修のため、留学する教員も多数います。留学先は欧米各国ならびにアジア諸国と広範囲です。海外研究により本学部における教育・研究内容を広く紹介して意見交換を行い、本学部でも教育・研究の発展に反映させています。また、積極的に海外で開催される国際学会にて研究成果を発表する教員も少なくありません。

このページの先頭へ

国際交流サークルNEXUSの活動

歯学部では2011年度に国際交流サークル〈NEXUS〉を立ち上げました。交換留学関連の活動を中心に、英語による研究発表会への参加など様々な活動をしています。今後は、英語力向上を目的とした英会話クラスの開催なども検討しています。クラブのように楽しみながら、国際的な感覚を身につけることを目指しています。

国際交流サークルNEXUSの活動
国際交流サークルNEXUSの活動

Blogもご覧ください http://dentniigatauniv.blog.fc2.com/

このページの先頭へ

口腔保健医療に対応した国際イニシアティブ人材育成プログラム

国際機関や国内機関の保健医療専門家の育成を目指したプログラムを開発・実施しています。本プログラムについてはホームページ(http://www.dent.niigata-u.ac.jp/hrdpii/)をご参照ください。

このページの先頭へ

歯学部長からのメッセージ

-海外留学へのいざない-

1994年、私は文部省在外研究員として、アメリカ・シアトルにあるワシントン大学医学部に留学しました。当時はまだ、日本の大学の一部でインターネット、Eメールが使えるようになったばかりであり、アメリカと新潟の連絡手段は電話、ファックスしかありませんでした。それから約20年、IT機器の進歩はめざましく、外国にいても即座に日本の情報が手に入り、またスカイプ等を利用して気軽にコミュニケーションがとれるようになりました。しかし、文明の機器がいくら発達し、便利になっても、人と人の付き合いは直に接し、異なる習慣・環境の中で暮らし、その文化を知らなければうわべだけのものになってしまいます。グローバル化が叫ばれて久しいにもかかわらず、外国に出る若い人達の数は年々少なくなっています。危機感をいだいた政府は厳しい財政状況の中、若者達に海外交流を経験させるためにさまざまな支援を行っています。その中の一つのプログラムにショートステイ・ショートビジット事業(略してSSSV事業)があります。この事業を活用して、新潟大学歯学部では短期学生派遣、短期学生受け入れを行い、短期外国留学を経験した学生達で国際交流サークルを結成し、情報交換、外国人学生の生活支援などさまざまな活動を行っています。この制度を活用し、第1歩を踏みだしましょう。世界の若者達が君達の来訪を待っています。硬い殻を破り、勇気をもって、世界への扉を開こう。言葉は関係ありません。言葉は後からついてきます。

チェンマイ(タイ)

チェンマイ(タイ)

ハノイ・ホーチミン(ベトナム)

ハノイ・ホーチミン(ベトナム)

ハノイ(ベトナム)

ハノイ(ベトナム)

マルメ(スウェーデン)

マルメ(スウェーデン)

このページの先頭へ

海外の教育研究機関との交流

新潟大学歯学部は世界各国の大学と研究交流をしています。本学部が中心となって大学間で姉妹校提携している大学として、米国ミネソタ大学(昭和57年度)と中国ハルビン医科大学(平成5年度)とタイ・コンケン大学(平成24年度)があります。また、学部間では、米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校歯学部(平成元年度)、バングラディシュ・ダッカ大学(平成6年度)、中国昆明医学院口腔医学系、ルーマニア・カロルダビラ・ブカレスト医科薬科大学歯学部(平成7年度)、フィリピン大学歯学部(平成8年度)、マニラ・セントラル大学歯学部、インドネシア・ガジャマダ大学歯学部(平成9年度)、中国吉林大学口腔医学院、メキシコ・コアウイラ自治大学歯学部(平成11年度)、バングラディシュ・BSM 医科大学歯学部、タイ・タマサート大学歯学部、プリンスオブソンクラ大学歯学部、フィリピン・イースト大学歯学部、バングラディシュ・ユニバーシティ歯科大学(平成12年度)、バングラディシュ・シティ歯科大学、スリランカ・ペラデニア大学歯学部(平成16年度)、インドネシア大学歯学部(平成19年度)、台湾・陽明大学歯学部、韓国・安東科学大学歯学部(平成21年度)、モロッコ・モハメドスーシー大学歯学部(平成23年度)、タイ・チェンマイ大学歯学部(平成24年度)、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学歯学部、ロシア・クラスノヤルスク国立医科大学歯学部、パシフィック医科大学歯学部、ミャンマー・ヤンゴン歯科大学(平成25年度)、ミャンマー・マンダレー歯科大学、米国ペンシルバニア大学歯学部、ベトナム・ホーチミン医科薬科大学歯学部、ハノイ医科大学歯学部(平成26年度)、スウェーデン・マルメ大学歯学部(平成27年度)との姉妹校協定を締結しています。これら各大学との共同研究、セミナー開催など活発な研究交流が行われています。

海外の教育研究機関との交流

学生からのメッセージ

大野 晴日

大野 晴日

Haruhi Ono

歯学部歯学科3年

SSSV in Taiwanを終えて

2015年3月15日から28日まで台湾の陽明大学で研修を受けてきました。私は入学当初から海外留学は在学中に低学年のうちから行きたいと考えていたため、派遣が決まった時とてもうれしく思いました。私は一年生であったためまだ一般教養しか学んでおらず、歯学の専門用語は分かりませんが、低学年のうちから可能な限り歯科現場を間近に拝見し、将来やこれからの専門学習の励みにしたく思い、1年生の春に留学を希望しました。以下に陽明大学でのSVで得た経験を報告します。
陽明大学の四年生の全部床義歯の講義に参加と病院の各科での見学が主な研修内容となりました。講義では、中国語で解説され、英語で歯科専門用語は板書されていました。
病院では口腔外科、歯内療法科、歯周病科、保存・修復科、歯科補綴科、小児歯科、そして矯正歯科を見学しました。1年生の前期に新潟大学での病院見学実習があったため、日本と台湾の診療の違いを比較することができました。最も印象的だった科は小児歯科です。日本では、治療を嫌がり暴れてしまう子どもや障がいをもつ人には、安全に治療を行うために親に許可をとりレストレイナーを装着して治療を行うことがありますが、台湾の病院では使用することはなく家族と協力して治療を進めていたことが印象に残っています。
放課後は陽明大学の学生の方に色々な観光地に連れて行っていただき、楽しい思い出も多くできました。現地の学生はどの人に話しかけても、すらすらと英語で話してくれたのはとても驚きましたし、一方で自分も英語能力の向上が必要なことを痛感しました。
学年が進むにつれて徐々に専門的知識を学ぶ機会が増えてくるので、実際に大学で学ぶ際には、今回陽明大学で得た知識を忘れずに比較しながら学ぶようにしています。専門知識のない低学年が留学へ行くことは意味がないと言われがちですが、学習する姿勢や、英語力の向上を考える良い機会となるので、ためらわず積極的に海外研修に参加することを後輩の皆さんにはおすすめしたく思います。

このページの先頭へ