歯学部の紹介Introduction of the Faculty of Dentistry

歯学部・医歯学総合病院(歯科)の紹介

最先端の研究開発をリード

新潟大学歯学部は昭和40年に日本海側唯一の国立大学歯学部として開設され、東京医科歯科大学歯学部、大阪大学歯学部についで3番目に古い歴史を持っています。以来、新潟大学歯学部では地域で活躍する人間性豊かな歯科医師をはじめとした高度専門職業人の養成、最先端の歯科医学・医療の研究開発とその臨床応用などを通じ、環日本海における歯科医学・口腔保健医療福祉をリードする拠点として、輝かしい実績を残してきました。

このページの先頭へ

2学科で構成

歯学部には歯科医師を養成する6年制の歯学科と、平成16年から新設された4年制の口腔生命福祉学科があります。口腔生命福祉学科は超高齢社会を迎えるなかでその必要性が高まっている、「食べる」ことや口腔機能の維持向上という視点から保健・医療・福祉を総合的に思考・マネジメント出来る専門家を養成することを目的としており、卒業により歯科衛生士と社会福祉士という2つの国家試験受験資格が取得できる全国初のユニークなカリキュラムを提供しています。

このページの先頭へ

連携による充実の教育環境

歯学部の臨床教育および臨床研究の中核を担っているのが医歯学総合病院(歯科)です。医歯学総合病院は、医学・歯科医学が相互に連携した全人的医療・臨床教育・研究の実践を目指して平成15年に従来の医学部附属病院と歯学部附属病院を統合したものです。

歯科医学・医療の研究組織であり、歯学科の卒業生の進学先ともなる大学院も平成13年から大学院歯学研究科と大学院医学研究科が新潟大学大学院医歯学総合研究科として統合されています。これより従来にもまして、医学・歯科医学、基礎・臨床などが有機的に連携した最先端の研究が進められています。

新潟大学歯学部では26名の教授をはじめとして
総勢約130名もの教員が、熱意ある皆さんの入学を待っています。

新潟大学イメージ図 このページの先頭へ