平成17年度新潟歯学会第2回例会

日時 平成17年11月5日(土) 午前9時30分〜午後3時
場所 新潟大学歯学部第3講義室 (5F)

プログラム

一般口演 9:30-11:50
休憩 11:50-12:50
一般口演 12:50-15:00


学会の模様は学会終了後このページからストリーミングによる視聴が可能です.

rp_dwnldbtn.gif (966 バイト)
学会の模様をご覧になるにはRealPlayerが必要です。お使いのパソコンにRealPlayerがインストールされていない方ははここからダウンロードしてください
(有料のRelOne PlayerPlusと無料のRealOnePlayerがありますが、どちらでもご覧になれます).

学会の模様は学会終了後にこちらのページからご覧になれます(学内からのみアクセス可能です)
会員の方で学外より視聴を希望される方は、suzuki@dent.niigata-u.ac.jpまでご連絡ください.

学外からの視聴について

会員の方で学外より視聴を希望される方は、suzuki@dent.niigata-u.ac.jpまでご連絡ください.
新潟大学に所属する方は新潟大学総合情報処理センターのVPNサービスを利用すれば上記のリンクよりアクセス可能となります.


座長:井上佳世子、丸山 智

1.9:30
NT-4/5欠損マウスにおける歯根膜ルフィニ神経終末の発生
○丸山裕子1,2
1新潟大学大学院医歯学総合研究科 歯科矯正学分野、
2口腔解剖学分野

2.9:40
歯の発生における歯胚上皮および間葉細胞のストレスタンパク質heat-shock protein (HSP)-25発現と細胞増殖との関係
○中曽根直弘1,2、吉江弘正2、大島勇人1
新潟大学大学院医歯学総合研究科 1硬組織形態学分野、
2歯周診断・再建学分野

3.9:50
骨芽細胞の活性に及ぼす破骨細胞の影響
第一報: op/opマウスを用いた組織化学的検討
○坂上直子1、網塚憲生2,3、李 敏啓2,3、前田健康2,3
新潟大学 1歯学部歯学科4年、 2口腔解剖学分野、 3超域研究機構 

4.10:00
骨芽細胞の活性に及ぼす破骨細胞の影響
第二報: c-src遺伝子欠損マウスを用いた組織化学的検討
○坂上直子1、網塚憲生2,3、李 敏啓2,3、Paulo H. L. Freitas2、前田健康2,3
新潟大学 1歯学部歯学科4年、 2口腔解剖学分野、 3超域研究機構 

5.10:10
高齢ラット臼歯窩洞形成後の歯髄反応
○川岸 恵理子1, 2、大島 邦子3、野村 修一2、大島 勇人1
新潟大学大学院医歯学総合研究科 1硬組織形態学、 2加齢歯科補綴学 
3新潟大学医歯総合病 特殊歯科総合治療部

6.10:20
肉芽組織において基底膜型ヘパラン硫酸プロテオグリカン・パールカンと
低密度リポ蛋白質の免疫組織化学的局在は一致する
−顎骨嚢胞コレステロール肉芽腫の形成メカニズムの検討−
○山崎 学、 程 ?、 朔 敬
新潟大学大学院医歯学総合研究科 顎顔面再建学講座 口腔病理学分野

7.10:30
慢性下顎骨骨髄炎のCT所見−病理組織学的検討−
○田中 礼1、林 孝文1、西山秀昌1、勝良剛詞1、小山純市1、
平 周三1、斎藤美紀子1、朔 敬2、程 ?2、丸山 智2、星名秀行3、飯田明彦3新潟大学大学院医歯学総合研究科 顎顔面再建学講座 1顎顔面放射線学分野、2口腔病理学分野、3新潟大学大学院医歯学総合研究科 口腔健康科学講座 顎顔面口腔外科学分野

座長: 井上 誠、 田井 秀明 

8. 10:40
嚥下反射誘発時の関連筋活動の協調と変調
○吉津和憲1、井上 誠1、杉野伸一郎2、豊里 晃3、山村健介1、山田好秋1,2
1新潟大学大学院医歯学総合研究科 摂食環境制御学講座  摂食・嚥下障害学分野 2新潟大学大学院医歯学総合研究科  摂食環境制御学講座 口腔生理学分野 3新潟大学大学院医歯学総合研究科 顎顔面再建学講座 歯科侵襲管理学分野

9.10:50
アンテリアガイダンスの違いが下顎後退位に与える影響
○子田 浩、河野正司、細貝暁子、田島 卓
新潟大学大学院医歯学総合研究科 摂食機能再建学

10.11:00
下顎骨偏位と下顎頭位および関節窩形態との関連性について
○八幡 誠、山田 一尋、林 孝文1、齋藤 功
新潟大学大学院医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻 歯科矯正学分 1顎顔面放射線学分野

11.11:10
歯周炎罹患者におけるGCF中のTNF-αおよび可溶性TNFレセプター
の解析
○池澤育世、田井秀明、島田靖子、小松康高、Johnah C. Galicia、吉江弘正
新潟大学大学院医歯学総合研究科 摂食環境制御学講座  歯周診断・再建学分野

12.11:20
IL-6レセプター遺伝子多型と慢性歯周炎の関連性
○Galicia Johnah C、田井秀明、小松康高、島田靖子、池沢育世、吉江弘正
新潟大学大学院医歯学総合研究科 摂食環境制御学講座 歯周診断・再建学分野

13.11:30
低ホスファターゼ症患者で報告された変異型組織非特異型アルカリホスファターゼV406Aの解析
○沼 奈津子1、石田陽子2、那須真樹子3、野田忠1、織田公光2
1新潟大学大学院医歯学総合研究科 口腔健康科学講座 小児歯科学
2新潟大学大学院医歯学総合研究科 顎顔面再建学講座 口腔生化学
3新潟大学大学院医歯学総合研究科 口腔健康科学講座 加齢歯科補綴学

14.11:40
53依存性アポトーシスは口蓋裂発生に寄与する
○奈良井省太1,2、児玉泰光2、高木律男2、木南 凌1
1新潟大学大学院医歯学総合研究科 分子生物学分野
2新潟大学大学院医歯学総合研究科 顎顔面口腔外科学分野

休憩 11:50〜12:50

座長:川瀬 知之、芳澤享子

15.12:50
舌癌悪性度に関連するインテグリン遺伝子発現の定量的検討
○黒川 亮1、永田昌毅1、星名秀行1、藤田 一1、関 雪絵1、大西 真4、栗田 浩5、斎藤 力2、新垣 晋2、朔  敬3、高木律男1
新潟大学大学院医歯学総合研究科 1顎顔面口腔外科学分野、2組織再建口腔外科学分野、3口腔病理学分野、 4長岡赤十字病院歯科口腔外科
5信州大学医学部 歯科口腔外科学講座

16.13:00
マウス舌下部への自家歯牙移植実験による歯髄分化能の検索
○小川亮一郎1, 2、齊藤 力2、大島勇人1
新潟大学大学院医歯学総合研究科、1硬組織形態学,2組織再建口腔外科

17.13:10
FGF2徐放がもたらす歯槽骨増生現象のメカニズム解明
◯小玉直樹、 永田昌毅、 木律男
新潟大学大学院医歯学総合研究科 顎顔面口腔外科学分野

18.13:20
ポリ乳酸プレートおよびhydroxyapatite補填材併用による骨再生の組織化学的検索
○小島 拓1,2、網塚憲生1,3、鈴木晶子1、芳澤享子2、齊藤 力2、前田健康1,3
新潟大学大学院医歯学総合研究科 1口腔解剖学分野、2組織再建口腔外科学分野、3新潟大学超域研究機構

19.13:30
チタンインプラント植立時に併用したα-TCP系自己硬化型補填材が骨再生に及ぼす影響
○中舘正芳1,2、網塚憲生1,3、野村修一2、前田健康1,3
新潟大学大学院医歯学総合研究科 1口腔解剖学分野 2加齢歯科補綴学分野 3新潟大学超域研究機構

20.13:40
培養複合口腔粘膜における血管内皮細胞成長因子(VEGF)発現
○中西義崇1、泉 健次2、芳澤享子1、河野芳朗3、小山貴寛4、前田健康3,5、齊藤 力1
1 新潟大学大学院 医歯学総合研究科 顎顔面再建学講座 組織再建口腔外科学分野、 2Department of Oral and Maxillofacial Surgery, University of Michigan School of Dentistry, MI, USA、 3新潟大学大学院 医歯学総合研究科 摂食環境制御学講座 顎顔面解剖学分野、 4口腔健康科学講座 顎顔面口腔外科学分野、 5新潟大学超域研究機構

座長:葭原明弘、藤田 一

21.13:50
肝硬変に伴う出血傾向を有した骨折患者の治療経験
◯碓井由紀子、松井 宏、武藤祐一
新潟労災病院歯科口腔外科

22.14:00
移乗介助による看護師の腰部負荷
○白石葉子、山田好秋
新潟大学大学院医歯学総合研究科 摂食環境制御学講座 
口腔生理学分野

23.14:10  更年期女性の生活及び健康上の問題についての分析−女性外来の調査から−
○河端恵美子、五十嵐敦子、山田 好秋
新潟大学大学院医歯学総合研究科 口腔生理学講座

24.14:20
矯正治療必要度(IOTN)を用いた不正咬合の疫学調査
○渡辺 厚1、毛利 環1、渡邉 洋平1、森田 修一1、齋藤 功1、宮崎 秀夫2、安細 敏弘3、竹原 直道3
1新潟大学大学院医歯学総合研究科歯科矯正学分野 2予防歯科学分野 3九州歯科大学保健医療フロンティア科学

25.14:30
最近5年間の幼児の顎顔面口腔外傷患者の臨床統計的観察
○大久保雅基、横林敏夫、清水 武、五島秀樹、鈴木理絵、櫻井健人、 上杉崇史 
長野赤十字病院口腔外科

26.14:40
高齢者集団の歯周健康状態の経年推移−5年間の追跡研究−
○白根和明
新潟大学大学院医歯学総合研究科口腔健康科学講座予防歯科学分野

27.14:50
長野赤十字病院口腔外科における最近1年間の入院患者の臨床統計的観察
○上杉崇史、横林敏夫、清水 武、五島秀樹、鈴木理絵、櫻井健人、
大久保雅基 
長野赤十字病院口腔外科

参加者の皆様に お知らせとお願い

◆演者の方へ

1.口演時間
口演時間は7分、討論は3分です。 厳守して下さい。

2.PCプレゼンテーションを希望される場合
1)学内演者の方は前日までに集会係にスライド原稿ファイル(Windows PowerPoint 2003)を提出ください。原則としてWindows版をご使用ください (古いバージョンまたはMacバージョンでは改行のずれを生ずることがあります)。
学外演者の方は前日までに郵送等で集会係に原稿ファイル(CD)を提出ください。

2)著作権の関係等で集会係の用意したPCによる映写を希望できない演者の方は当日発表のセッション開始30分前までに映写に用いるご自分のPCを持参し、設定の確認を行ってください。
3)PCプレゼンテーションに際し、PCの設定不調等による映写上のトラブルについては集会係で責任を負いかねます。 当日持参したPCで映写される場合で、事前の設定ができない場合、必ずフィルムスライド等によるバックアップの準備をしてください。
3.スライド映写方式を準備される場合
1)コダックのプロジェクターを会場の所定の位置に用意してあります。
2)学内演者の方はスライドトレーを持参してください。
3)学外演者の方にはスライドトレーを用意いたします。

なお、スライド映写についてご不明な点は事前にE-mail、当日は会場係にお尋ね下さい。
◆座長の方へ
プログラムの進行はお二人の座長の方にお任せしますので、よろしくお願い致します。 口演に決められた持ち時間の厳守をお願いします。

◆討議される皆様へ
質疑、追加討議は座長の指示に従い、所属・氏名を明らかにした上で行ってください。