s 業績 2015年 - 口腔病理学分野

業績

2015年

著書

  1. Saku T. International Colloaboration towards Prevention of Oral Cancer: My Twenty Years Experience up to the Myanmar Project. The Department of Medical Research (Upper Myanmar) the 15th Anniversary Magazine. Pyin Oo Lwin: The Department of Medical Research (Upper Myanmar), 2015; 209-214.

総説

  1. Tsuneki M, Madri JA, Saku T. Cell-extracellular interactions in oral tumorigenesis: the roles of podoplanin and CD44 and modulation of the Hippo pathway. Journal of Oral Biosciences, 57 (2): 45-53, 2015 May; online published March 18, 2015; accepted February 23, 2015. doi:10.1016/j.job.2015.02.004

原著

  1. Mikami T, Maruyama S, Abé T, Kobayashi T, Yamazaki M, Funayama A, Shingaki S, Kobayashi T, Cheng J, Saku T. Keratin 17 is co-expressed with 14-3-3 sigma in oral carcinoma in-situ and squamous cell carcinoma and modulates cell proliferation and size but not cell migration. Virchows Archiv, 466 (5): 559-569, 2015 May; online published March 6, 2015; accepted February 2, 2015. doi: 10.1007/s00428-015-1735-6PubMed
  2. Dhanuthai K, Rojanawatsirivej S, Somkotra T, Shin H, Hong S, Darling M, Khalili M, Thosaporn W, Rattana-arpha P, Saku T. Geriatric oral lesions: A multicentric study. Geriatrics & Gerontology International, online published February 6, 2015; accepted December 11, 2014. doi: 10.1111/ggi.12458PubMed
  3. Al-Eryani K, Cheng J, Abé T, Maruyama S, Yamazaki M, Babkair H, Essa A, Saku T. Protease-activated receptor-2 modulates proliferation and invasion of oral squamous cell carcinoma cells. Human Pathology, 46 (7): 991-999, 2015 July; online published March 25, 2015; accepted March 12, 2015. doi: 10.1016/j.humpath.2015.03.003PubMed
  4. Maruyama S, Yamazaki M, Abé T, Babkair H, Cheng J, Saku T. Paradental cyst is an inclusion cyst of the junctional/sulcular epithelium of the gingiva: histopathological and immunohistochemical confirmation for its pathogenesis. Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, 120 (2): 227-237, 2015 August; online published April 28, 2015; accepted April 1, 2015. doi: 10.1016/j.oooo.2015.04.001PubMed
  5. Abé T, Maruyama S, Babkair H, Yamazaki M, Cheng J, Saku T. Simultaneous immunolocalization of desmoglein 3 and IgG4 in oral pemphigus vulgaris: IgG4 predominant autoantibodies in its pathogenesis. Journal of Oral Pathology and Medicine, 44 (10): 850-856, 2015 November; online published November 17, 2014; accepted October 16, 2014.doi: 10.1111/jop.12290PubMed
  6. Essa AAM, Yamazaki M, Maruyama S, Abé T, Babkair H, Raghib AM, Megahed EMED, Cheng J, Saku T. Tumor-associated macrophages are recruited and differentiated in the neoplastic stroma of oral squamous cell carcinoma. Pathology, accepted December 2, 2015.

症例報告

  1. Tanaka R, Saito M, Abé T, Ajima H, Saku T, Hayashi T. Mandibular osteonecrosis in a patient receiving Denosumab and Sunitinib. Journal of Medical Cases, 6 (9): 393-398, 2015 September; July 16, 2015, accepted. doi: 10.14740/jmc2249w
  2. Hara Y, Ikeda N, Takagi R, Horino K, Iida A, Nishiyama H, Hayashi T, Cheng J, Saku T. Basaloid squamous cell carcinoma of the uvula: report of a case and review of the literature. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology, online published December 25, 2015; accepted October 15, 2015. doi: 10.1016/j.ajoms.2015.10.004; pii: S2212-5558(15)00229-XSciencedirect

その他

  1. 朔  敬:バーチャルスライドを活用した病理組織学実習の導入. 平成26年度学習教育研究フォーラム, 授業改善プロジェクト報告, 新潟市, 2015年3月10日. 学習教育研究フォーラム報告書 学習教育研究, 第3号,2015年.
  2. 朔  敬:ジャズをきいていたら、植草甚一をよみたくなった ―植草甚一スクラッップブック全41巻(晶文社刊)―. ほんのこべや, 48: 39-42, 2015.
  3. Babkair H: ここにも60! 市報にいがた. 創刊60周年 記念号. 2015年4月5日.
  4. 朔  敬:本田哲郎訳『小さくされた人々のための福音』. ほんのこべや, 49: 32-34, 2015.
  5. 丸山 智:口腔病理組織検査における免疫組織化学の導入による診断制度向上をめざして。私の臨床. 新潟歯科医師会, 2015年12月14日. http://www.ndnw.or.jp/ndnw/phps/b13-7-1/upimg/58701566e750a15baa.0.pdf

学位論文

学会発表

  1. 長谷川剛, 丸山 智, 山崎 学, 近藤英作:甲状腺腫瘍の1例. 第80回日本病理学会東北支部学術集会, 仙台市, 2015年2月21-22日. 第80回日本病理学会東北支部学術集会プログラム・抄録集, 24, 2015.
  2. Babkair H, Yamazaki M, Maruyama S, Abé T, Cheng J, Saku T. Tight junction molecules are expressed in oral squamous cell carcinoma. The 93th International Association for Dental Research, March 11-14, 2015. Boston. USA, Abstract, 150, 2015.
  3. Cheng J, LWU S, Ahsan S, Maruyama S, Yamazaki M, Abé T, Saku T. Histopathological varieties of intradactal papilloma of the oral cavity. The 93th International Association for Dental Research, March 11-14, 2015. Boston. USA, Abstract, 211, 2015.
  4. Li J, Li L, Cheng J, Hu Y, Tian Z, Wang L, Zhang C, Gu T. Clinicopathologic analysis of 361 cases of carcinoma ex pleomorphic adenoma.The 93th International Association for Dental Research, March 11-14, 2015. Boston. USA, Abstract, 264, 2015.
  5. Li L, Cheng J, Zhang CY, Gu T, Li J, Tian Z. No MYB translocation detected in salivary cribriform basal cell tumors.The 93th International Association for Dental Research, March 11-14, 2015. Boston. USA, Abstract, 264, 2015.
  6. Cheng J, Al-Eryani K, Abé T, Maruyama S, Yamazaki M, Babkair H, Saku T. Protease-activated receptor-2 modulates proliferation and invasion of oral squamous cell carcinoma cells. Asian Oncology Summit 2015. April 10-12, 2015. Shanghai, China. Program, 19, 2015.
  7. 丸山 智, 山崎 学, 阿部達也, バブカイル ハムザ, 程  珺, 朔  敬:低酸素応答ファイブロネクチン生合成が唾液腺多形性腺腫由来SM-AP細胞の増殖を促進する. 第104回日本病理学会総会,名古屋市,2015年4月30日-5月2日.日本病理学会会誌, 104 (1):449, 2015.
  8. 阿部達也, 丸山 智, 山崎 学, バブカイル ハムザ, 程  珺, 朔  敬:口腔扁平上皮癌および正角化型異型上皮における正角化関連分子の動態. 第104回日本病理学会総会,名古屋市,2015年4月30日-5月2日.日本病理学会会誌, 104 (1):467, 2015.
  9. Babkair H, Yamazaki M, Abé T, Maruyama S, Cheng J, Saku T. Tight junction molecules are involved in the neoplastic process of oral squamous epithelial cells. 第104回日本病理学会総会,名古屋市,2015年4月30日-5月2日.日本病理学会会誌, 104 (1):468, 2015.
  10. 山崎 学, 丸山 智, 阿部達也, 程  珺, 酒井 剛, 朔  敬:角化嚢胞性歯原性腫瘍の組織学的バリエーションの検討:炎症性修飾を中心に. 第104回日本病理学会総会,名古屋市,2015年4月30日-5月2日.日本病理学会会誌, 104 (1):469, 2015.
  11. 田中昭男, 伊東大典, 神部芳則, 菅原由美子, 中村誠司, 藤林孝司(日本口腔内科学会), 小宮山一雄, 朔   敬, 田中昭男, 長谷川博雅, 前田初彦(日本臨床口腔病理学会), OLP委員会:扁平苔癬の問題点. ワークショップ5「口腔扁平苔癬を再考する」. 第69回日本口腔科学会学術集会, 大阪市, 2015年5月13-15日. 第69回日本口腔科学会学術集会プログラム・抄録集, 136-137, 2015.
  12. 隅田賢正, 勝見祐二, 小玉直樹, 小山貴寛, 安島久雄, 星名秀行, 程  珺, 山崎 学, 林 孝文, 高木律男:放射線性骨髄炎後に発生し生検で肉腫と診断された扁平上皮癌の1例. 第53回日本口腔科学会 北日本地方部会学術集会, 札幌市, 2015年6月27-28日. 第53回日本口腔科学会 北日本地方部会学術集会プログラム・抄録集, 29, 2015.
  13. 新垣元基, 新國 農, 勝良剛詞, 池田順行, 丸山 智, 朔  敬, 高木律男, 林 孝文:舌癌筋層浸潤の評価における口腔内超音波エラストグラフィの有用性. 平成27年度新潟歯学会第1回例会,新潟市,2015年7月11日.新潟歯学会雑誌, 2015.
  14. 阿部達也, 丸山 智, 山崎 学, Babkair H, 隅田賢正, 程  珺, 朔  敬:口腔扁平上皮癌における皮膚型角化の分化誘導と細胞増殖の調整機構. 平成27年度新潟歯学会第1回例会,新潟市,2015年7月11日.新潟歯学会雑誌, 2015.
  15. Babkair H, Yamazaki M, Abé T, Maruyama S, Sumita Y, Cheng J, Saku T. Tight junction molecules are differentially involved in malignant transformation steps of oral squamous epithelial cells towards squamous cell carcinoma. 平成27年度新潟歯学会第1回例会,新潟市,2015年7月11日.新潟歯学会雑誌, 2015.
  16. Yamazaki M. MFG-E8 expression for progression and self-clearance of apoptotic cells in oral squamous cell carcinoma. The 4th International Conference and Exhibition on Pathology. July 13-15, 2015, New Orleans, USA. Journal of Clinical & Experimental Pathology, 5 (3): 98, 2015, Program, 6, 2015.
  17. 隅田賢正, 程  珺, 丸山 智, 船山昭典, 小林正治, 西山秀昌, 林 孝文, 朔  敬:上顎骨腫瘍. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 札幌市, 2015年7月29-31日. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会プログラム・抄録集, 68, 2015.
  18. 阿部達也, 丸山 智, 山崎 学, Babkair H, 隅田賢正, 程  珺, 朔  敬:YAPは口腔扁平上皮癌の増殖―分化の分岐スイッチの役目を担っている:正角化関連分子の動態解析から. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 札幌市, 2015年7月29-31日. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会プログラム・抄録集, 78, 2015.
  19. 山崎 学, 丸山 智, 阿部達也, 程  珺, 朔  敬: GAS6/MERTK axis in oral squamous cell carcinoma: a possible mechanism for apoptotic cancer cell clearance by cancer cells and macrophages. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 札幌市, 2015年7月29-31日. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会プログラム・抄録集, 102, 2015.
  20. 丸山 智, 山崎 学, 阿部達也, ハムザ バブカイル, 隅田賢正, 程  珺, 朔  敬:新潟大学医歯学総合病院での病理診断における免疫組織化学的検索の取り組み. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 札幌市, 2015年7月29-31日. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会プログラム・抄録集, 130, 2015.
  21. Babkair H, Yamazaki M, Abé T, Maruyama S, Sumita Y, Cheng J, Saku T. Tight junction molecules are differentially engaged in the neoplastic process of oral squamous epithelial cells towards squamous cell carcinoma. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 札幌市, 2015年7月29-31日. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会プログラム・抄録集, 131, 2015.
  22. 山崎 学: 口腔扁平上皮癌細胞による死細胞貪食の分子機構とその意義. 第57回歯科基礎医学会学術大会・総会, 新潟市, 2015年9月11-13日. 第57回歯科基礎医学会学術大会・総会 プログラム・抄録集, 18, 2015.
  23. Abé T, Maruyama S, Yamazaki M, Babkair H, Sumita Y, Cheng J, Saku T. YAP modulates proliferation-differentiation phase switching in oral squamous cell carcinoma and its differentiation represents skin-type orthokeratotsis. The 7th Asia Society of Oral and Maxillofacial Pathology, Taiwan, October 17-18, 2015. Abstract, 76, 2015.
  24. 阿部達也, 丸山 智, 山崎 学, Babkair H, 隅田賢正, 程  珺, 朔  敬:口腔表在性癌と非癌部粘膜上皮との界面における細胞競合現象.平成27年度新潟歯学会第2回例会,新潟市,2015年11月7日. 平成27年度新潟歯学会第2回例会プログラム抄録集, 10, 2015.

講演・講義等

  1. 朔  敬:口腔腫瘍.朝日大学歯学部口腔病理学講義,瑞穂市,2015年5月20日.
  2. 朔  敬:医療ボランティア論「口腔がんの発症-国際的踏査研究」新潟大学医学部保健学科講義,新潟市,2015年10月15日.
  3. Maruyama S. Why is it pleomorphic? Reasons for colorful but hypoxic stroma of pleomorphic adenoma of the salivary gland. The 7th Asia Society of Oral and Maxillofacial Pathology, Taiwan, October 17-18, 2015. Abstract, 30, 2015.
  4. Saku T. Histopathological diagnostic criteria of oral carcinoma in-situ: The first and key step for better treatment of oral cancer to be shared equally across the world. The 7th Asia Society of Oral and Maxillofacial Pathology, Taiwan, October 17-18, 2015. Abstract, 35, 2015.

科学研究費等

  1. 科学研究費補助金・基盤研究 (B):ミャンマーにおける噛みタバコ習慣関連口腔がん発症に関する分子病理疫学的研究.(研究課題番号 26305032) 研究代表者:朔  敬,4,160千円(継続)
  2. 科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究:口腔扁平上皮癌細胞にのけるヘモグロビン誘導性角化機序と角化細胞死への経路.(研究課題番号 15K15693) 研究代表者:朔  敬,2,470千円(新規)
  3. 科学研究費補助金・基盤研究 (B):アジア民族間の口腔表在性癌発症背景の分子病理疫学的比較研究.(研究課題番号 25305035) 研究代表者:程  珺, 4,680千円(継続)
  4. 科学研究費補助金・基盤研究 (C):口腔扁平上皮癌の浸潤開始スイッチ関連分子のプロテオーム解析.(研究課題番号 25462849) 研究代表者:程  珺,1,300千円(継続)
  5. 科学研究費補助金・基盤研究 (C):唾液腺腫瘍の低酸素レベル細胞外環境におけるエネルギー代謝調節機構.(研究課題番号 15K11069) 研究代表者:丸山 智,1,820千円(新規)
  6. 科学研究費補助金・基盤研究 (C):同種アポトーシス死細胞貧食によって誘導される口腔扁平上皮癌の細胞活性化機序.(研究課題番号 15K11006) 研究代表者:山崎 学,1,170千円(新規)
  7. 科学研究費補助金・若手研究 (B):口腔扁平上皮癌の浸潤界面における細胞競合現象のプロテオーム解析.(研究課題番号 15K20384) 研究代表者:阿部達也,1,430千円(新規)
  8. 授業改善プロジェクト:クリッカーを用いた相互応答性のある講義携帯へのシフト.代表者:朔  敬, 297千円

ページの先頭へ

ページの先頭へ