s 業績 2017年 - 口腔病理学分野

業績

2017年

著書

総説

原著

  1. Hara H, Misawa T, Ishii E, Nakagawa M, Koshiishi S, Amemiya K, Oyama T, Tomonaga K, Cheng J, Tanaka A, Saku T. Differential diagnosis of well-differentiated squamous cell carcinoma from non-neoplastic oral mucosal lesions: new cytopathologic evaluation method dependent on keratinization-related parameters but not nuclear atypism. Diagnostic Cytopathology, 45 (5): 406-417,2017 May; online published February 16, 2017; accepted January 24, 2017. doi: 10.1002/dc.23685PubMed
  2. Abé T, Maruyama S, Yamazaki M, Xu B, Babkair H, Sumita Y, Cheng J, Yamamoto T, Saku T. Proteomic and histopathological characterization of the interface between oral squamous cell carcinoma invasion fronts and non-cancerous epithelia. Experimental and Molecular Pathology, 102 (1): 327-336, 2017 April; online published February 27, 2017; accepted February 23, 2017. pii: S0014-4800(16)30443-9. doi: 10.1016/j.yexmp.2017.02.018. PubMed
  3. Nezu A, Kubota T, Maruyama S, Nagata M, Nohno K, Morizumi T, Yoshie H. Expression of neprilysin in periodontitis-affected gingival tissues. Archives of Oral Biology, 79: 35-41, 2017 July; online published March 3, 2017; accepted March 2, 2017. doi: 10.1016/j.archoralbio.2017.03.003PubMed
  4. Hashimoto K, Hayashi R, Mukaigawa T, Yamazaki M, Fujii S. Concomitant expression of ezrin and HER2 predicts distant metastasis and poor prognosis of patients with salivary gland carcinomas. Human Pathology 63: 110-119, 2017.

症例報告

  1. Shingaki M, Nikkuni Y, Katsura K, Ikeda N, Maruyama S, Takagi R, Hasashi T. Clinical significance of intraoral strain elastography for diagnosing early stage tongue carcinoma: a preliminary study. Oral Radiol 33 (3):204-211, 2017.
  2. 小島 拓, 三上俊彦, 林 孝文, 丸山 智, 山崎 学, 小林正治: 口蓋腺に発生した小細胞癌の1例: 日本口腔外科学会雑誌, 63(7):358-363, 2017.
  3. 堀野一人, 小林孝憲, 飯田明彦, 斎藤太郎, 大西 眞, 丸山 智: 上顎に発生した唾液腺導管癌の1例: 新潟歯学会雑誌, 47(1):39-43, 2017.

その他

  1. 丸山 智: 歯界展望, 歯科医療 未来と夢, 260頁, 医歯薬出版, 東京, 2017.

学位論文

学会発表

  1. 小玉直樹,永田昌毅,池田順行,小山貴寛,勝見祐二,新垣元基,原 夕子,丸山 智,山崎 学,程  珺,西山秀昌,林 孝文,星名秀行,高木律男:舌下腺に生じ経過不良な転帰を辿った唾液腺悪性腫瘍の1例.第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会,福岡市,2017年1月26-27日. 第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集:144, 2017.
  2. 三上俊彦, 船山昭典, 金丸祥平, 小田陽平, 山崎 学, 丸山 智, 西山秀昌, 林 孝文, 小林正治:前舌腺に発生した腺癌NOSの1例.第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会,福岡市,2017年1月26-27日. 第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会プログラム・抄録集:174, 2017.
  3. Sumita Y, Maruyama S, Yamazaki M, Abé T, Takagi R, Cheng J. Cytoplasmic expression of SOX9 as a poor prognostic factor for oral squamous cell carcinoma. International Symposium on Development of Human Resources in Practical Oral Health and Treatment. Koh Samui, Thailand, February 11-12, 2017. Programs and Abstract: 45, 2017.
  4. 丸山 智, 長谷川剛:顎下部腫瘍の1例.第84回日本病理学会東北支部学術集会. 仙台市, 2017年2月18-19日. 第84回日本病理学会東北支部学術集会プログラム抄録集:19, 2017.
  5. 丸山 智, 山崎 学, 阿部達也, 隅田賢正, 程  珺,朔  敬:低酸素環境下でMYCは唾液腺多形腺腫由来細胞の存在・増殖を亢進する. 第106回日本病理学会総会. 東京都, 2017年4月27-29日. 日本病理学会会誌, 106 (1): 295, 2017.
  6. 隅田賢正, 丸山 智, 山崎 学, 阿部達也, 高木律男, 程  珺:口腔扁平上皮癌におけるSOX9の発現様式. 第106回日本病理学会総会. 東京都, 2017年4月27-29日. 日本病理学会会誌, 106 (1): 364, 2017.
  7. 阿部達也, 丸山 智, 山崎 学, 許 波, 隅田賢正, 程  珺,山本 格, 朔  敬:口腔表在性癌と非癌部粘膜上皮との界面におけるタンパク質動態解析.第106回日本病理学会総会. 東京都, 2017年4月27-29日. 日本病理学会会誌, 106 (1): 408, 2017.
  8. 山崎 学, 隅田賢正, 丸山 智, 阿部達也, 程  珺,朔  敬:口腔癌治療後に生じたbizarre stromal reactionの2例. 第106回日本病理学会総会. 東京都, 2017年4月27-29日. 日本病理学会会誌, 106 (1): 424, 2017.
  9. 隅田賢正, 丸山 智, 山崎 学, 阿部達也, 高木律男, 程  珺:SOX9細胞質陽性は口腔扁平上皮癌の予後不良と関連する. 第28回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会. 川越市, 2017年8月23-25日. 日本臨床口腔病理学会プログラム抄録集, 91, 2017.
  10. 丸山 智, 山崎 学, 阿部達也, 隅田賢正, 程  珺,朔  敬:MYCは低酸素環境下における唾液腺多形腺腫由来細胞の存在・増殖を亢進する. 第28回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会. 川越市, 2017年8月23-25日. 日本臨床口腔病理学会プログラム抄録集, 93, 2017.
  11. 阿部達也:下顎骨腫瘍. 症例検討. 第28回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会. 川越市, 2017年8月23-25日. 日本臨床口腔病理学会プログラム抄録集, 112, 2017.
  12. 隅田賢正, 丸山 智, 山崎 学, 阿部達也, 高木律男:口腔扁平上皮癌におけるSOX9細胞質発現は予後不良と関連する. 第62回日本口腔外科学会総会・学術大会. 京都市, 2017年10月20-22日. 日本口腔外科学会誌, 163 (S): 369, 2017.
  13. 隅田賢正, 山崎 学, 阿部達也, 高木律男, 丸山 智:口腔扁平上皮癌におけるSOX9細胞質発現は予後不良と関連する. 平成29年度新潟歯学会第2回例会. 新潟市, 2017年11月11日. 平成29年度新潟歯学会第2回例会プログラム抄録集, 8, 2017.

講演・講義等

  1. 丸山 智:臨床医学講義「歯科病理:口腔領域の病変」,新潟大学医学部医学科,新潟市,2017年1月20日.

科学研究費等

  1. 丸山 智: 唾液腺腫瘍の低酸素レベル細胞外環境におけるエネルギー代謝調節機構.日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究 (C), 15K11069, 2017.
  2. 山崎 学: 同種アポトーシス死細胞貧食によって誘導される口腔扁平上皮癌の細胞活性化機序.日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究 (C), 15K11006, 2017.
  3. 阿部達也: 口腔扁平上皮癌の浸潤界面における細胞競合現象のプロテオーム解析. 日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究 (B), 15K20384, 2017.

ページの先頭へ

ページの先頭へ