2013年2月18日 タイ・チュラロンコン大学訪問/若手研究者セミナー共催 報告者:石田 陽子(特任助教)

期間
2013年2月18日
他の参加者
小川友里奈(特任助教)、牧野由佳(研究員)、皆川久美子(大学院生)

2013年2月18日、チュラロンコン大学歯学部(タイ・バンコク)を訪問し、標記の若手研究者セミナーにて本学の研究員1名と大学院生1名(いずれも予防歯科学分野)が、またチュラロンコン大学歯学部修士課程の学生2名がオーラルプレゼンテーションを行った。演題は以下の通りである。

The seminar by the Geriatric Unit, Chulalongkorn University (at Thanpuying Petchara auditorium, 2nd Fl of Somdejya building) : Chief: Dr. Orapin Kaewplung

Presentation;

1)Niigata Univeristy

Dr. Kumiko Minagawa : The Relationship of Metabolic Syndrome and Periodontitis in 80 year-old Japanese

Dr. Yuka Makino : Community and school based oral health promotion project in Mondulkiri, Combodia

2)Chulalongkorn University

Dr. Kwanrutai Somsak : The effects of number of natural teeth and number of posterior occluding pairs on the oral health-related Quality of Life in Thai elderly patients at Faculty of Dentistry, Chulalongkorn University

Dr. Neerush Kunon : The subjectives and objectives chewing function evaluation of patients wearing mandibular implant-retained overdentures

これら演題と参加者の議論から、日本のみならずタイにおいても高齢化は急速に進んでおり、超高齢者に対する歯科医療の重要性がいっそう増していることが感じられた。

セミナー後、チュラロンコン大学医科病院歯科診療部を訪問し、医科病院における歯科診療部の役割、バンコク中心部における歯科患者の受け入れ状況、時間外診療の推進、等について説明を受けた。

チュラロンコン大学のDr. Orapin Kaewplung座長と皆川久美子大学院生

牧野由佳研究員

チュラロンコン大学病院の歯科診療部入口にて