2013年7月12日~13日
第32回日本歯科医学教育学会学術大会にて大学間連携共同教育推進事業の取り組みについて発表

場所
北海道大学・学術交流会館
開催日
2013年7月12日~13日
形式
ポスター発表
演題名
大学間連携共同教育推進事業「連携機能を活用した歯学教育高度化プログラム」
演者
前田健康1)、佐々木啓一2)、菅井基行3)、石田陽子1)、小川友里奈1)、竹内裕尚2)、天雲太一2)、峯裕一3)

1) 新潟大学大学院 医歯学総合研究科・歯学部、2) 東北大学大学院歯学研究科・歯学部、3) 広島大学大学院医歯薬保健学研究科・歯学部

実施状況・内容等

文部科学省の大学間連携共同教育推進事業において採択された「連携機能を活用した歯学教育高度化プログラム」は、日本歯科医学教育学会をステークホルダーとしている。

本取組は新潟大学、東北大学、広島大学の共同提案により3大学歯学部が、これまで構築・運用してきた教育・研究ネットワーク機能を活用し、特色ある教育資源を提供し合い、歯学教育の補完・相互評価により高度化を目指すものである。さらに得られた成果を情報発信し、日本歯学教育の標準化を図り、将来の歯科医療の質の保証に資するとともに、我が国の歯学教育の国際標準化への適合を目指すことを目的としている。

学会では、石田特任助教による発表により、本取組を周知するとともに他大学の教員らとの有意義な意見交換の場となった。

質疑応答

竹内・天雲特任助教(東北大学)
石田・小川特任助教(新潟大学)