2015年8月2日~5日
広島大学歯学部でバイオデンタル実習を行いました

場所
広島大学歯学部
開催日
2015年8月2日~5日

実施状況・内容等

広島大学歯学部では、21世紀における歯科医学・医療のパラダイムシフトに対応した歯科医療人を育成するためバイオデンタル教育を開講しており、バイオテクノロジーやITを基盤とした生物系・工学系の講義・実習を行っています。
2014年に引き続いて開講するとともに、今回は新潟大学・東北大学の学生計6名が合同で実習を行いました。

実習内容

細胞培養

細胞培養の基礎を理解し、細胞株の適切な培養方法を学ぶ。

デジタルデンティストリー

歯科用CAD/CAMシステムと3Dプリンターによる手術支援模型製作を体験し、歯科医療におけるデジタルデータの基礎知識と技術を理解する。

ME機器

口腔機能検査を体験し、検査法・検査機器に関する基礎知識や実践を修得する。

実習日程

1日目 デジタルデンティストリー1
2日目 ME機器・細胞培養1
3日目 細胞培養2
4日目 デジタルデンティストリー2

開講の挨拶をする菅井学部長

実習概要を説明する二川教授

細胞培養の説明を受ける学生

ME機器を用いた口腔機能検査

3Dプリンタによる下顎骨模型製作

歯科用CAD/CAMシステムを体験