2016年12月2日
最終成果公開シンポジウムを行いました

場所
ホテルオークラ新潟
開催日
2016年12月2日

実施状況・内容等

平成24年度に大学間連携共同教育推進事業「連携機能を活用した歯学教育高度化プログラム」が文部科学省より選定され、新潟大学、東北大学、広島大学と連携しながら本事業を実施してきました。
本年度は5年間に渡る本事業の最終年度にあたり、これまでの事業内容とその成果を広く公開し、さらなる発展を図るため最終成果公開シンポジウムを開催しました。
本事業成果の紹介と今後の展望について3大学の各教員から発表後、外部委員・ステークホルダーの先生方との活発な意見交換が行われました。

開会の挨拶 前田健康 新潟大学歯学部長
事業成果の紹介と今後の展望 司会 小野和宏 新潟大学教授
事業目的および成果概要説明 前田健康 新潟大学歯学部長
3大学乗り入れによる共同講義・実習について
  共同講義とサマースクールの開講 竹石龍右 新潟大学助教
加来咲子 新潟大学助教
首藤崇裕 広島大学助教
冨士岳志 東北大学助教
海外共同派遣 石田陽子 新潟大学助教
卒業時の臨床能力担保への対応
  歯科診断シミュレーションソフトの開発 天雲太一 東北大学助教
総合模型を用いた臨床能力トライアル 魚島勝美 新潟大学教授
総合討論
  司会 佐々木啓一 東北大学歯学部長
外部委員 荒木孝二氏 東京医科歯科大学福歯学部長
生田孝至氏 岐阜女子大学理事
脇坂 聡氏 大阪大学教授
脇田 稔氏 北海道大学名誉教授
一戸達也氏 東京歯科大学副学長
ステークホルダー 関本恒夫氏 日本歯科医学教育学会理事長
閉会の挨拶 加藤功一 広島大学歯学部長

前田健康 新潟大学歯学部長

小野和宏 新潟大学教授

竹石龍右 新潟大学助教

加来咲子 新潟大学助教

首藤崇裕 広島大学助教

冨士岳志 東北大学助教

石田陽子 新潟大学助教

天雲太一 東北大学助教

魚島勝美 新潟大学教授

佐々木啓一 東北大学歯学部長

加藤功一 広島大学歯学部長

関本恒夫 日本歯科医学教育学会理事長

外部委員・ステークホルダーの先生方

シンポジウム風景