新潟大学大学院医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻口腔健康科学講座 う蝕学分野
HOME沿革教室員スタッフ医局研究テーマ業績臨床(歯の診療科)教育リンク
医局研究テーマ
接着性/審美性修復材料の物性と機械的特性
各種接着性コンポジットレジン系材料やグラスアイオノマーセメント系材料の理工学的性質を、接着強さ、接着界面の超微構造、封鎖性、フッ化物徐放性、表面構造の安定性、色調などのさまざまな観点から評価、解析しています。
Han L, Okiji T. Effects of a novel fluoride-containing aluminocalciumsilicate-based tooth coating material (Nanoseal) on enamel and dentin. Am J Dent, 2013 (in press).
韓臨麟, 石崎裕子, 福島正義, 興地隆史. 試作フッ化物含有歯面コート材に関する研究 ─エナメル質,象牙質の表面性状に与える影響について─. 日歯保存誌, 2012; 55 (1): 53-59.
渡部平馬, 浅井哲也, 風間龍之輔, 中村輝保, 金谷史夫, 石崎裕子, 福島正義, 興地隆史. ファーバーポストを併用した直接法レジン支台築造の破折強度と破折様相─繰り返し荷重の影響─. 歯科審美, 2012; 24 (2): 67-73.
韓 臨麟, 福島正義, 興地隆史. グラスアイオノマー系象牙質知覚過敏症抑制材に関する研究 ─象牙質への各種イオンの取り込み─. 日歯保存誌, 2012; 53 (3), 502-507.
Han L, Ishizaki H, Okamoto A, Fukushima M, Okiji T. Morphological analysis of flowable resins after long-term storage or surface polishing with a mini-brush. Dent Mater J, 2009; 28 (3): 277-284.
CAD/CAMオールセラミック修復の理工学的解析と臨床応用
コンピューター支援設計・加工法で製作された各種オールセラミック修復物の適合性、辺縁封鎖性、破壊強度などを解析するとともに臨床応用を行っています。
渡部平馬, 風間龍之輔, 浅井哲也, 石崎裕子, 福島正義, 興地隆史. 各種デュアルキュア型レジンセメントの長石系マシーナブルセラミック介在下における硬化度の検討. 日歯保存誌, 2013(印刷中).
Asai T, Kazama R, Fukushima M, Okiji T. Effect of overglazed and polished surface finishes on the compressive fracture strength of machinable ceramic materials. Dent Mater J, 2012; 29 (6): 661-667.
渡部平馬, 浅井哲也, 風間龍之輔, 福島正義, 興地隆史. CAD/CAMオールセラミックインレーの被着面酸処理が破折強度に及ぼす影響. 接着歯学, 2012; 28 (2): 61-66.
浅井哲也,風間龍之輔,福島正義,興地隆史. 歯科用CAD/CAM CEREC 3により製作されたラミネートベニア修復物の適合性と辺縁封鎖性:窩洞形態の影響について. 日歯保存誌, 2007; 50 (6): 768-775.
口腔バイオフィルムの制御戦略の開発
三次元蛍光イメージング法を用いてバイオフィルム内への抗菌物質の浸透・拡散・殺菌効果発現状況を解析することにより、バイオフィルムの除去・破壊を効果的に実施可能な各種化学的コントロール法の開発、評価を行っています。
大墨竜也, 竹中彰治, 若松里佳, 大島勇人, 興地隆史. 殺菌処理後のバイオフィルム構造へのStreptococcus mutansの二次付着について. Bacterial Adherence & Biofilm, 2012; 26: 31-34.
Takenaka S, Ohshima H, Ohsumi T, Okiji T. Current and future strategies for the control of mature oral biofilms─Shift from a bacteria-targeting to a matrix-targeting approach. J Oral Biosci, 2012; 54 (4): 173-179.
大墨竜也, 竹中彰治, 若松里佳, 大島勇人, 興地隆史. Streptococcus mutansバイオフィルムに対する洗口液の膜傷害効果: Calcein-AMを用いたリアルタイム解析. Bacterial Adherence & Biofilm, 2011; 25: 71-74, 2011.
Takenaka S, Pitts B, Trivedi HM, Stewart PS. Diffusion of macromolecules in model oral biofilms. Appl Environ Microbiol, 2009; 75(6): 1750-1753.
Takenaka S, Trivedi HM, Corbin A, Pitts B, Stewart PS. Direct visualization of spatial and temporal patterns of antimicrobial action within model oral biofilms. Appl Environ Microbiol.2008; 74(6): 1869-1875.
レーザーのう蝕治療への応用
歯科用レーザーの効果的かつ安全な臨床応用に向けて、Er:YAGレーザーや半導体レーザー照射後の歯髄反応を組織学的、免疫組織化学的に解析しています。
Shigetani Y, Suzuki H, Ohshima H, Yoshiba K, Yoshiba N, Okiji T. Odontoblast response to cavity preparation with Er:YAG laser in rat molars: an immunohistochemical study. Odontology, 2013 (in press).
Shigetani Y, Sasa N, Suzuki S, Okiji T, Ohshima H. GaAlAs laser irradiation induces active tertiary dentin formation following pulpal apoptosis and cell proliferation in rat molars. J Endod, 2011; 37(8): 1086-1091.
重谷佳見, 大倉直人, 吉羽邦彦, 吉羽永子, 大島勇人, 興地隆史. 半導体レーザー照射後のラット臼歯における非コラーゲンタンパクの遺伝子発現. 日歯保存誌, 2012; 53 (5): 495-501.
Shigetani Y, Takenaka S, Okamoto A, Abu-Bakr N, Iwaku M, Okiji T. Impact of Streptococcus mutans on the generation of fluorescence from artificially-induced enamel and dentin carious lesions in vitro. Odontology, 2008; 96: 21-25.
Tate Y, Yoshiba K, Yoshiba N, Iwaku M, Okiji T, Ohshima H. Odontoblast responses to Gallium-aluminium-arsenide laser irradiation in rat molars: an experimental study using heat-shock protein-25-immunohistochemistry. Eur J Oral Sci, 2006; 114: 50-57.
象牙質歯髄複合体の発生、修復および再生
歯の発生過程、あるいはMTAによる直接覆髄後の修復過程で展開される細胞増殖・分化過程や各種基質タンパク分布様式の時空間的変動を、主として免疫組織化学的に追究しています。
Yoshiba N, Yoshiba K, Ohkura N, Shigetani Y, Takei E, Hosoya A, Nakamura H, Okiji T. Immunohistochemical analysis of two stem cell markers of α-smooth muscle actin and STRO-1 during wound healing of human dental pulp. Histochem Cell Biol, 2012; 138: 583-592.
Hosoya A, Hiraga T, Ninomiya T, Yukita A, Yoshiba K, Yoshiba N, Takahashi M, Ito S, Nakamura H. Thy-1-positive cells in the subodontoblastic layer possess high potential to differentiate into hard tissue-forming cells. Histochem Cell Biol, 2012; 137: 733-742.
Hosoya A, Yukita A, Yoshiba K, Yoshiba N, Takahashi M, Nakamura H. Two distinct processes of bone-like tissue formation by dental pulp cells after tooth transplantation. J Histochem Cytochem, 2012; 60: 861-873.
Yoshiba N, Yoshiba K, Ohkura N, Hosoya A, Shigetani Y, Yamanaka Y, Izumi N, Nakamura H, Okiji T: Expressional alterations of fibrillin-1 during wound healing of human dental pulp. J Endod, 2012; 38: 177-184.
Shigetani Y, Sasa N, Suzuki H, Okiji T, Ohshima H. GaAlAs laser irradiation induces active tertiary dentin formation following pulpal apoptosis and cell proliferation in rat molars. J Endod, 2011; 37: 1086-1091.
歯髄疾患および根尖歯周組織疾患の免疫病理学的研究
樹状細胞を中心とする各種免疫担当細胞の分布様式と超微形態、樹状細胞における各種免疫機能分子発現状況などを免疫組織化学的、分子生物学的に検索しています。
Kaneko T, Chokechanachaisakul U, Kawamura J, Yamanaka Y, Ito T, Sunakawa M, Suda H, Okiji T. Upreglation of p38 mitogen-activated protein kinase during pulp injury-induced glial cell/neuronal interaction in the rat thalamus. J Endod, 2012; 39: 488-492.
Kaneko T, Arayatrakoollikit U, Yamanaka Y, Ito T, Okiji T. Immunohistochemical and gene expression analysis of stem-cell-associated markers in rat dental pulp. Cell Tissue Res, 2012; 351: 425-432.
Yamanaka Y, Kaneko T, Yoshiba K, Kaneko R, Yoshiba N, Shigetani Y, NÖr JE, Okiji T. Expression of angiogenic factors in rat periapical lesions. J Endod, 2012; 38 : 313-317.
Ohkura N, Shigetani Y, Yoshiba N, Yoshiba K, Okiji T. Gene expression analysis of membrane transport proteins in normal and lipopolysaccharide-inflamed rat dental pulp. J Endod, 2012; 38: 648-652.
Chokechanachaisakul U, Kaneko T, Yamanaka Y, Okiji T, Suda H. A novel whole tooth-in-jaw-bone culture of rat molars: morphological, immunohistochemical, and laser capture microdissection analysis. Microsc Res Tech, 2012; 75: 1341-1347.
歯内療法用材料の物性と生体適合性
MTAなどの生体機能性歯内療法用材料や各種レジン系根管充填用シーラーに対する組織反応を免疫組織化学的に解析するとともに、理工学的検討(封鎖性、接着性の評価、SEMやEPMAによる構造解析など)も併せて行っています。
伊藤崇史,山中裕介,金子友厚,吉羽邦彦, 吉羽永子, 重谷佳見, 興地隆史. Mineral trioxide aggregateに対するラット皮下結合組織の応答─マクロファージ関連分子の免疫組織化学的・分子生物学的解析─. 日歯保存誌, 2013; 56; 9-16.
Han L, Okiji T. Comparative bioactivity evaluation of three calcium silicate-based endodontic materials. Int Endod J. 2013 (in press).
Yamanaka Y, Shigetani Y, Yoshiba K, Yoshiba N, Okiji T. Immunohistochemical analysis of subcutaneous tissue reactions to methacrylate resin-based root canal sealers. Int Endod J, 2011; 44: 669-675.
Han L, Okiji T: Evaluation of ion release/incorporation of the prototype S-PRG filler-containing endodontic sealer. Dent Mater J, 30: 898-903, 2011.
Okiji T, Yoshiba K: Reparative dentinogenesis induced by mineral trioxide aggregate: a review from the biological and physicochemical points of view. Int J Dent: vol. 2009, Article ID 464280, 12 pages, 2009. doi:10.1155/2009/464280.
NiTiロータリーファイルを用いた根管形成の評価
各種NiTiロータリーファイルで根管形成を行った際の根管壁切削パターンや切削中に加わる荷重やトルクの動態、さらには根管充填材除去への応用の可能性を追究しています。
日向 剛, 重谷佳見, 吉羽邦彦, 興地隆史. ニッケルチタンファイルReciprocの彎曲根管切削特性. 日歯保存誌, 2012; 55: 381-388.
Hayakawa T, Tomita F, Okiji T. Influence of the diameter and taper of root canals on the removal efficiency of Thermafil Plus plastic carriers using ProTaper Retreatment Files. J Endod, 2010; 36: 1676-1678.
富田文仁, 興地隆史. GT Series X Rotary FileのS字状湾曲根管に対する切削特性. 日歯内療誌, 2010; 31: 96-102.
早川達也, 富田文仁, 興地隆史. NiTiロータリーファイルを用いたThermafil Plusプラスチックキャリアの除去.日歯内療誌, 2009; 30, 177-181.
富田文仁, 早川達也, 斉藤 健,興地隆史. ニッケルチタンファイルMtwo®の湾曲根管に対する切削特性.日歯保存誌, 2008; 51, 550-556.
移植歯の歯内療法に関する臨床的研究
移植歯の歯内療法に伴う難症例や異常経過例への対応を報告しています。また、前向き調査により移植歯の予後に影響を及ぼす因子を解析しています。
Sugai T, Yoshizawa M, Kobayashi T, Ono K, Takagi R, Kitamura N, Okiji T, Saito C. Clinical study on prognostic factors for autotransplantation of teeth with complete root formation. Int J Oral Maxillofac Surg, 2010; 39: 1193-1203.
Watanabe Y, Mohri T, Takeyama M, Yamaki M, Okiji T, Saito C, Saito I. Long-term observation of autotransplanted teeth with complete root formation in orthodontic patients. Am J Orthod Dentofacial Orthop, 2010; 138: 720-726.
安島久雄, 芳澤享子, 小野和宏, 泉 直也, 新美奏恵, 小山貴寛, 菅井登志子, 興地隆史, 齋藤 力, 高木律男. 残留嚢胞摘出と同時に歯の即時移植を行った1例. 新潟歯学会誌, 2009; 39: 153-158.
興地隆史. 外傷歯・移植歯の歯内療法. 日歯保存誌,2007; 5, 279-283.
臨床実習教育システムの開発と応用
保存修復学や歯内療法学における臨床技能教育の充実に向け、さまざまな教育技法の開発と応用に取り組んでいます。
小野和宏, 西山秀昌, 八木稔, ステガロユ ロクサーナ, 重谷佳見, 山村健介, 井上誠, 前田健康. 大学学習法へのパフォーマンス評価導入における実践的課題. 新潟大学高等教育研究: 2013 (in press).
小野和宏, 八木 稔, 大内章嗣, 魚島勝美, 藤井規孝, 林 孝文, 齋藤 功, 興地隆史, 前田健康: 新潟大学歯学部歯学科のカリキュラム評価─学習成果に関する卒業生の自己評価と教員評価の一致度─. 日歯教誌, 2010; 26: 49-56.
安島久雄, 魚島勝美, 小野和宏, 藤井規孝, 井上誠, 山村健介, 齋藤 功, 興地隆史, 高木律男, 前田健康. 新潟大学歯学部における教員研修 (FD)の概要と今後の方向性. 日歯教誌, 2010; 26: 349-353.
小野和宏, 八木 稔, 大内章嗣, 魚島勝美, 林 孝文, 齋藤 功, 興地隆史, 前田健康, 山田好秋. 新潟大学歯学部歯学科の新教育課程とその評価. 新潟歯学会誌, 2009; 39: 29-40.
小野和宏,八木稔,大内章嗣,魚島勝美,安島久雄,林孝文,齋藤功,興地隆史,前田健康. 生涯学習能力に対するPBLチュートリアルの効果. 日歯教誌,2008; 24, 145-149.


▲このページのトップへ戻る