口唇裂・口蓋裂患者さんのご紹介について(お知らせとお願い)

 関係者 各位

 趣旨

口唇裂・口蓋裂患者さんのご紹介につきまして、いつも大変お世話になっております。新潟大学医歯学総合病院では、2017年4月より医科と歯科が連携して口唇裂・口蓋裂患者さんの診療にあたります。ご紹介につきましては、これまで通りで結構です。来院後は関連各科連携のもと責任をもって対応いたします。この機会にご挨拶申し上げますとともに、ご紹介につき今後ともよろしくお願いいたします。

 経緯

これまで、当院では新患を受けた診療科(形成外科、口腔再建外科、顎顔面口腔外科)がそれぞれ一貫治療を行ってまいりましたが、治療方針や手術時期に若干の違いがありましたことから、院内で統一した診療体制の構築がかねてからの課題でした。そこで、昨年の秋から、医科(形成外科)と歯科(口腔再建外科、顎顔面口腔外科、矯正歯科、歯科言語治療室)とで新しい診療体制の話し合いを続け、2017年4月より当院として一貫した治療方針に従い、診療にあたる体制が整いましたので、ご報告させていただきます。

ご紹介はこれまで通り、どの診療科でも構いません。初診時に新患担当医が医科(形成外科)と歯科(口腔外科)で連絡をとり、以後の治療方針を検討し、ご家族に説明させていただきます。

ご不明な点がございましたら、下記担当者にお問い合わせください。

今後とも当院の口唇裂・口蓋裂患者さんの診療にご理解とご協力をお願いいたします。

 

2017年3月吉日

新潟大学医歯学総合病院

形成美容外科 松田 健(宮田昌幸) 

口腔再建外科 小林正治(新美奏恵)

顎顔面口腔外科 高木律男(児玉泰光)

(   )内は問い合わせ担当者です。