研修案内

研修について

 研修医終了後に口腔外科に興味がある場合には、日本口腔外科学会の認定医制度における専門医制度に基づき、指導医数名がチーム医療として患者様の診断、治療にあたることで、口腔外科医としての資質を養ってもらいます。

 具体的には、大学院生、後期研修医もしくは医員としてとして入局し、1年目に歯科麻酔科により全身麻酔、全身管理の研修を4か月行い、その後は口腔外科外来での診断、外来小手術等のほか、病棟での入院患者さんの管理、全身麻酔下での手術、術前・術後管理、などをチーム医療として学びます。入院患者さんと長い時間接することで、医療の中における歯科の位置付け、医療の役割などについて身を持って体験できると思います。口腔外科を一生続けないまでも、この時期にこのような機会を体験できることは、医療人として一生を過ごす先生方にとって必ず役に立つことは間違いありません。

 その後、大学院生の場合には2年目から顎顔面領域の疾患に関わる研究を開始します。幅広くかつ先進的な研究を目標に、当科だけではなく基礎系分野と連携して研究を進めていきます。大学院卒業後は、関連病院への出向をふくめた臨床業務にあたります。当科の関連病院には県内外の総合病院が多く、口腔外科医としての知識と経験が格段に広がることと思います。これらの経験をふまえて、できる限り早い時期に日本口腔外科学会認定医を、将来的には専門医取得を目指してもらいます。

 当科の見学をご希望の方は随時対応いたしますので、下記までお気軽にご連絡ください。

施設認定について

以下の学会につきましては指導医が在籍し、それぞれ研修施設として施設認定を受けています。

 公益社団法人 日本口腔外科学会 学会ホームページ

 一般社団法人 日本口腔腫瘍学会 学会ホームページ

 一般社団法人 日本顎関節学会 学会ホームページ

 一般社団法人 日本有病者歯科医療学会 学会ホームページ

 口腔顔面神経機能学会 学会ホームページ

 日本がん治療認定医機構 学会ホームページ


顎顔面口腔外科学分野
TEL. 025-227-2885
FAX. 025-223-5792
E-mail. info-omfs@dent.niigata-u.ac.jp