新潟大学歯学部FD委員会

FD委員会より
新潟大学歯学部FD委員会は平成14年に設立されました。本委員会の目的は、歯学部各教員がその責務に関する共通の認識を明確に持つために、ワークショップや講演を通して情報や学習の場を提供することです。
歯学部(医歯学総合病院歯科)教職員の皆様方におかれましては、ご理解・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

What's New

2021.11.12
令和3年度の活動記録を更新しました。
2021.07.05
令和3年度の活動記録を更新しました。
2021.05.31
令和3年度の活動記録を更新しました。
2021.01.14
令和2年度の活動記録を更新しました。
2020.09.24
令和2年度の活動記録を更新しました。
2020.09.02
令和2年度の活動記録を更新しました。
2020.02.12
令和元年度の活動記録を更新しました。
2020.01.27
令和元年度の活動記録を更新しました。
2019.11.15
令和元年度の活動記録を更新しました。
2019.10.09
令和元年度の活動記録を更新しました。
2019.07.04
令和元年度の活動記録を更新しました。

From chairman

FD委員会会長

歯学部FD委員会は平成14年より魚島勝美委員長、斉藤功委員長、井上誠委員長の下、12年間の活動を続けてまいりました。
新潟大学歯学部における教員研修(FD)は13年目を終え、前委員長の先生方による黎明期、揺籃期、確立期を経て、発展期を迎えるべき時となっております。
新潟大学歯学部を取り巻く環境も変化し続けており、教員が臨床、教育、研究の場において個々の能力向上、資質向上を図るのは勿論、有用な情報、最新の情報の共有や、各科、各教員の連携強化や新ネットワーク形成によって、新しい診療体制、教育体制、研究体制を構築、推進するべき時を迎えております。
実際に「新歯学科カリキュラムWG」や「高度口腔機能教育研究センター」といった形で進行中のものもあり、これからのFD委員会は、こういった新しい活動、潮流のサポート、発展に寄与する必要があると考えております。勿論、これまで通り、これから新たに教員となる先生方への基礎的教員研修も不可欠であります。発足後12年が経過したFDは、さらなる発展と大学院教育の実質化をより強固にすべく、平成27年、新たに数名の先生方を新FD委員として迎え、新体制下で大学院FDのあり方や方向性も探りながらFDを企画、提供していくこととしております。歯学部の教員ならびに関係各位においては、今後ともFD委員会の活動にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
なお、FDとしての開催を希望する内容がございましたら、「FD開催の申込」にある所定の申込用紙にご記入の上、FD委員会宛てにご提出ください。

平成27年5月 委員長 秋葉陽介 : yoakiba@dent.niigata-u.ac.jp

ページの先頭へ戻る