新潟大学大学院医歯学総合研究科 顎顔面再建学講座 組織再建口腔外科分野

教室の紹介

2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年
2003年

研究業績2014

【著書】

  1. 小林正治: メッセージ「私のめざす口腔外科」 顎顔面口腔領域の形態と機能を再建する. ザ・クインテッセンス別冊口腔外科ハンドマニュアル'14, 188-189頁, クインテッセンス出版株式会社, 東京, 2014.

【論文】

  1. Sakagami N, Kobayashi T, Nozawa-Inoue K, Oda K, Kojima T, Maeda T, Saito C: A histological study of deformation of the mandibular condyle caused by distraction in a rat model. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod 118(3): 284-294, 2014.
  2. Mikami T, Maruyama S, Abé T, Kobayashi T, Yamazaki M, Funayama A, Shingaki S, Kobayashi T, Jun C, Saku T: Keratin 17 is co-expressed with 14-3-3 sigma in oral carcinoma in situ and squamous cell carcinoma and modulates cell proliferation and size but not cell migration. Virchows Arch. 2015 Mar 4. [Epub ahead of print] doi: 10.1007/s00428-015-1735-6.
  3. Takatsuji H, Kobayashi T, Kojima T, Hasebe D, Izumi N, Saito I, Saito C: Effects of orthognathic surgery on psychological status of patients with jaw deformities. Int J Oral Maxillofac Surg. in press, 2015.
  4. Uesugi T, Kobayashi T, Hasebe D, Tanaka R, Ike M, Saito C: Effects of orthognathic surgery on pharyngeal airway and respiratory function during sleep in patients with mandibular prognathism. Int J Oral Maxillofac Surg 43(9):1082-1090, 2014. doi: 10.1016/j.ijom.2014.06.010.
  5. Miyota S, Kobayashi T, Abé T, Miyajima H, Nagata M, Hoshina H, Kobayashi T, Takagi R, Saku T: Intraoperative assessment of surgical margins of oral squamous cell carcinoma using frozen sections: a practical clinicopathological management for recurrences. Biomed Res Int doi: 10.1155/2014/823968. Epub 2014 Jun 24.
  6. Takeuchi G, Kobayashi T, Hasebe D, Funayama A, Mikami T, Saito C: Changes in maximum lip closing force following orthognathic surgery in patients with jaw deformities. J Oral Maxillofac Surg Med Pathol, in Press, 2014. doi: 10.1016/j.ajoms.2014.04.010
  7. Nomura T, Kobayashi T, Shingaki S, Saito C: A case of chondrosarcoma arising in the temporomandibular joint. Case Reports in Otolaryngology, in Press, 2014.
  8. Nomura T, Shingaki S, Kobayashi T, Suzuki I, Saito C: Multi-factorial functional analysis of the patients with reconstruction for oral carcinoma. Open Journal of Stomatology 5, 63-71, 2015.
  9. Yoshiba N, Yoshiba K, Ohkura N, Takei E, Edanami N, Oda Y, Hosoya A, Nakamura H, Okiji T: Correlation Between Fibrillin-1 Degradation and mRNA Downregulation and Myofibroblasts Differentiation in Cultured Human Dental Pulp Tissue. J Histochem Cytochem, in Press, 2015. [Epub ahead of print]
  10. 長谷部大地, 小林正治, 齋藤大輔, 小田陽平, 高野正行, 笠原清弘, 須賀 賢一郎, 片倉 朗, 高野伸夫, 齊藤 力: ハイドロキシアパタイト粒子とポリ‐L-乳酸の複合体からなる骨接合材を用いた顎矯正手術後の顎骨安定性の検討. 日顎変形会誌 24(3): 225-232, 2014.
  11. 小林正治: 骨格性II級症例に対する外科的矯正治療 -顎矯正手術の適用術式と留意点-. 日顎変形会誌 24(4): 361-367, 2014.
  12. 倉部華奈, 芳澤享子, 小田陽平, 金丸祥平,船山昭典, 小林正治: 頸部壊死性筋膜炎の一例. 新潟歯会誌 44(2): 107-112, 2014.
  13. 上杉崇史, 小林正治, 高田佳之, 長谷部大地, 三上俊彦, 齊藤 力: 新潟大学医歯学総合病院口腔外科いびき外来受診患者の臨床統計. 日口腔科会誌63(3): 251-259, 2014.
  14. 船山昭典, 新垣 晋, 加納浩之, 林 孝文, 朔 敬, 齊藤 力: 下顎骨に発症したサルコイドーシスの1例. 日口腔外会誌 60(6): 348-353, 2014.

【研究費獲得】

  1. 小林正治, 小島 拓, 船山昭典, 三上俊彦: PCR発症リスク因子の解明とPTH(1-34)間歇投与による予防法の開発. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C), 25463074, 2014.
  2. 小田陽平,小野和宏,藤井規孝:診療参加型歯科臨床実習における学習効果の可視化―eポートフォリオの開発―.日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C),26350270,2014.
  3. 小島 拓: 間葉系幹細胞の移植後動態と骨再生能の解析―骨髄と脂肪組織の比較―. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C), 26463060, 2014.
  4. 小野由起子, 芳澤享子: 凍結保存歯の歯根膜細胞は高い増殖能を維持できるか. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C), 25463073, 2014.
  5. 芳澤享子, 泉 健次:口腔粘膜上皮前駆/幹細胞による粘膜再生機構の解明―血管新生の意義―.日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C), 25463073, 2014.
  6. 船山昭典: 口腔粘膜上皮内癌における粘膜固有層の癌間質としての機能解明. 日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究(B), 25861920, 2014.
  7. 三上俊彦: 口腔粘膜で癌特性を司るケラチン17:mTORシグナル経路を介した発癌機構の解析. 日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究(B), 26861706, 2014.
  8. 小島 拓: 各種組織由来の間葉系幹細胞を用いた再生骨の質的評価―より低侵襲な骨再生医療をめざして―. 公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団 平成26年度調査研究助成金, 2014.

【招待講演・シンポジウム】

  1. maxillary setback surgery. 6th Annual Conference of Korean Academy of Orthodontics and Orthognathic Surgery, 1st International Conference of Surgical Orthodontics and Orthognathic Surgery, Seoul, 6/1, 2014.
  2. Kobayashi T: Relations between orthognathic surgery and temporomandibular joint disorders. American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 96th Annual Meeting, Scientific Sessions & Exhibition in conjunction with the Japanese Society and Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, Honolulu, 9/12, 2014.
  3. Kobayashi T: Characteristics and treatment strategies of Japanese patients with obstructive sleep apnea. The 53th Congress of the Korean Association of Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgeons, Symposium session, Seoul, 11/1, 2014.
  4. 芳澤享子: 顎裂部骨移植部への歯の移植の応用―その有用性と問題点―.第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会シンポジウム「顎裂の再建戦略―前歯部咬合の確保という観点から―」, 札幌, 2014年5月29-30日. プログラム・抄録集92-93頁.日口蓋裂会誌39(2): 99頁, 2014.
  5. 小林正治: 日本顎変形症学会第10回教育研修会, 骨格性Ⅱ級症例に対する外科的矯正治療 -顎矯正手術の適用術式と留意点-, 福岡, 2014年6月9日.
  6. 芳澤享子: 女性口腔外科医はどうあるべきか?. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会シンポジウムⅠ「女性だから気がつくこと~なでしこ口腔外科医の挑戦!」, 福岡, 2014年6月10-11日, 日顎変形会誌 24(2): 91-93頁, 2014.
  7. 小島 拓: 顎変形症患者が望む治療を考える―アンケート調査と心理テストの結果から―. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会, 福岡, 2014年6月10-11日. 日顎変形会誌24(2):100-101頁, 2014.
  8. 小林正治: 顎変形症と顎関節. 平成26年度新潟歯学会第一回例会学術講演, 新潟, 2014年7月12日.
  9. 小島 拓, 芳澤享子, 小野由起子, 坂上直子, 齋藤直朗, 長谷川智香, 網塚憲生, 前田健康, 小林正治: バイオマテリアルと間葉系幹細胞による顎骨再生を目指した三次元的骨再生法の開発-その骨質と機能の評価-. 第30回歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い, 東京, 2014年8月30日.
  10. 小林正治: 下顎骨前方移動術後のPCR 発症リスク因子. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 千葉, 2014年10月19日. 日口外会誌60(Suppl): 45頁, 2014.
  11. 小林正治: 顎矯正手術の周術期管理. 第43回日本口腔外科学会教育研修会, 東京, 2015年3月1日.

【学会発表】

  1. Funayama A, Mikami T, Niimi K, Kanemaru S, Oda Y, Yoshizawa M, Shingaki S, Kobayashi T: Clinicopathological analyses on predictive factors for loco-regional recurrences in patients with oral squamous cell carcinoma. American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 96th Annual Meeting, Scientific Sessions & Exhibition in conjunction with the Japanese Society and Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, Honolulu, 9/8-13, 2014.
  2. Niimi K, Yoshizawa M, Koyama T, Funayama A, Mikami T, Kobayashi T: An experimental study on the effects of platelet rich plasma on the wound healing of tooth extraction-related bone defects. American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 96th Annual Meeting, Scientific Sessions & Exhibition in conjunction with the Japanese Society and Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, Honolulu, 9/8-13, 2014.
  3. Uenoyama A, Izumi K, Shiomi A, Saito N, Saito T, Ohnuki H, Kato H, Ajima H, Takagi R, Maeda T: Effects of C-Xylopyranoside Derivative on Expression of the Basement Membrane Related Molecules of Oral Keratinocytes and Fibroblasts. American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 96th Annual Meeting, Scientific Sessions & Exhibition in conjunction with the Japanese Society and Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, Honolulu, 9/8-13, 2014.
  4. Takatsuji H, Kojima T, Hasebe D, Kobayashi T: Effects of orthognathic surgery on psychological status of patients with jaw deformities. The 53rd Congress of the Korean Association of Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgeons, Seoul, 10/30-11/1, 2014.
  5. Ohkura N, Ohkura M, Oda Y, Yoshiba N, Yoshiba K, Ida H, Ohshima H, Okiji T: Immunolocalization and gene-expression of multidrug resistance-associated protein-4 in human pulp. 93rd General Session & Exhibition of the IADR, Boston, 3/11-14, 2015.
  6. Yoshiba N, Yoshiba K, Ohkura N, Takei E, Edanami N, Oda Y, Hosoya A, Nakamura H, Okiji T: Fibrillin-1 Degradation and Myofibroblasts Induction in Cultured Human Dental Pulp. 93rd General Session & Exhibition of the IADR, Boston, 3/11-14, 2015.
  7. 倉部華奈, 芳澤享子, 長谷部大地, 小島 拓, 新美奏恵, 小田陽平, 新垣 晋, 小林正治: 抜歯後の止血処置に難渋した特発性血小板減少性紫斑病の一例. 第47回新潟歯学会総会, 新潟, 2014年4月19日, 新潟歯会誌 44(1): 59頁, 2014.
  8. 芳澤享子, 青山祥子, 菅井登志子, 新美奏恵, 小山貴寛, 興地隆史, 小林正治: 歯根未完成歯移植に関する臨床的検討-歯髄壊死に陥った症例について-. 第4回外傷歯学会東日本地方会, 東京, 2014年4月27日.
  9. 阿部達也, 丸山 智, 山崎 学, ハムザ・バブカイル, 三上俊彦, 新垣 晋, 小林正治, 林 孝文, 程 珺, 朔 敬: 角化嚢胞性歯原性腫瘍は咀嚼筋内にも発生する 角化性嚢胞の免疫組織化学的鑑別法. 第68回日本口腔科学会学術集会, 東京, 2014年5月7- 9日. 同プログラム・抄録集: 230頁, 2014.
  10. 小野由起子, 芳澤享子, 齋藤直朗, 小島 拓, 坂上直子, 三上俊彦, 船山昭典, 小林正治: 骨髄細胞・多孔性β-TCPブロック複合体の骨形成過程における培養骨芽細胞様細胞の動態. 第68回日本口腔科学会学術集会, 東京, 2014年5月7- 9日. 同プログラム・抄録集: 292頁, 2014.
  11. 芳澤享子, 小山貴寛, 船山昭典, 三上俊彦, 小野由起子, 小林正治: 口腔粘膜上皮前駆/幹細胞を応用した培養複合口腔粘膜の皮下移植後の動態. 第68回日本口腔科学会学術集会, 東京, 2014年5月7- 9日. 同プログラム・抄録集: 329頁, 2014.
  12. 御代田駿, 小林孝憲, 宮島 久, 永田昌毅, 星名秀行, 小林正治, 高木律男, 丸山 智, 朔 敬:口腔扁平上皮癌とその境界病変における術中迅速病理診断の意義:局所再発に関する臨床病理学的検討. 第68回日本口腔科学会学術集会, 東京, 2014年5月7- 9日. 同プログラム・抄録集: 331頁, 2014.
  13. 芳澤享子, 青山祥子, 菅井登志子, 新美奏恵, 小山貴寛, 興地隆史, 鈴木一郎, 小林正治: 歯根未完成歯移植に関する臨床的検討. 第39回日本口腔外科学会中部支部学術集会, 松本, 2014年5月17日.
  14. 菅井登志子, 加納浩之, 佐藤直幸: 下顎埋伏智歯の抜歯後疼痛に対するアセトアミノフェンとセレコキシブの臨床効果の比較. 第39回日本口腔外科学会中部支部学術集会, 松本, 2014年5月17日.
  15. 小山貴寛, 芳澤享子, 児玉泰光, 小林孝憲, 安島久雄, 五十嵐友樹, 小野和宏, 齋藤 功, 小林 正治, 飯田 明彦, 高木 律男: 腸骨移植後顎裂部への歯の移植 凍結保存歯移植の可能性. 第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 札幌, 2014年5月29-30日.同プログラム・抄録集: 99頁, 2014. 日口蓋裂会誌 39(2): 99頁, 2014.
  16. 三上俊彦, 船山昭典, 長谷部大地, 金丸祥平, 小田陽平, 新美奏恵, 芳澤享子, 新垣 晋, 小林正治: 口腔扁平上皮癌の頸部郭清術施行症例に対する郭清範囲内再発の臨床統計的検討. 第38回日本頭頸部癌学会, 東京, 2014年6月12-13日. 頭頸部癌 40(2): 242頁, 2014.
  17. 長谷部大地, 浅井佑介, 齋藤大輔, 加納浩之, 本間克彦, 齊藤 力, 小林正治: 上顎前突症患者に対する顎矯正手術後の顎位安定性と上気道形態変化. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会, 福岡, 2014年6月10-11日, 日顎変形会誌 24(2): 146頁, 2014.
  18. 小林正治, 長谷部大地, 齋藤大輔, 倉部華奈, 三上俊彦, 小島 拓: 多分割LeFortⅠ型骨切り術の適応と術式. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会, 福岡, 2014年6月10-11日, 日顎変形会誌 24(2): 146頁, 2014.
  19. 塙 健志, 竹内玄太郎, 菅井登志子, 武石越郎, 本間克彦: 病的骨折に対して保存的治療により骨癒合が得られたビスフォスフォネート関連顎骨壊死の1例. 第40回日本口腔外科学会北日本支部学術集会, 秋田, 2014年6月21-22日, 同プログラム・抄録集: 39頁, 2014.
  20. 齋藤太郎, 飯田明彦, 成松花弥, 小林孝憲, 堀野一人, 大西 眞: 下顎骨に発生した低悪性度中心性骨肉腫の1例. 第40回日本口腔外科学会北日本支部学術集会, 秋田, 2014年6月21-22日, 同プログラム・抄録集: 58頁, 2014.
  21. 三上俊彦, 芳澤享子, 新垣 晋, 田中 礼, 林 孝文, 阿部達也, 丸山 智, 小林正治: 下顎歯肉癌術後に発症した肉芽腫性リンパ節炎の1例. 第40回日本口腔外科学会北日本支部学術集会, 秋田, 2014年6月21-22日, 同プログラム・抄録集: 60頁, 2014.
  22. 齋藤直朗, 李 敏啓, 辰巳佐和子, 池田恭治, 網塚憲生, 小林正治: 骨細胞特異的死滅マウスの骨小腔基質溶解における微細構造学的検索. 第34回日本骨形態計測学会, 札幌, 2014年6月13日, 日骨形態計測会誌 24(2): 26頁, 2014.
  23. 小田陽平, 石川裕子, 小野和宏, 藤井規孝, 小林正治, 前田健康: 診療参加型歯科臨床実習におけるweb公開型eポートフォリオの開発と運用. 第33回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 小倉, 2014年7月4日.
  24. 浅井佑介, 船山昭典, 芳澤享子, 西山秀昌, 小林正治: 下顎骨吸収を認め除去に至ったオトガイ部シリコンインプラントの1例. 日本形成外科学会関東支部第95回新潟地方会, 新潟, 2014年7月11日.
  25. 竹内玄太郎, 横林康男, 中條智恵: 腎細胞癌口腔内転移の1例. 平成26 年度新潟歯学会第1回例会, 新潟, 2014年7月12日, 新潟歯会誌 44(2): 125-126頁, 2014.
  26. 小田陽平, 石川裕子, 小野和宏, 藤井規孝, 小林正治, 前田健康: 診療参加型歯科臨床実習におけるweb公開型eポートフォリオの開発と運用. 平成26 年度新潟歯学会第1回例会, 新潟, 2014年7月12日, 新潟歯会誌 44(2): 124-125頁, 2014.
  27. 高辻紘之, 新美奏恵, 小林正治: 原因の特定に苦慮した化膿性顎関節炎の1例. 第27回日本顎関節学会総会・学術大会, 福岡, 2014年7月19-20日, 日顎関節会誌 26(Suppl): 93頁, 2014.
  28. 新美奏恵, 芳澤享子, 小山貴寛, 小林正治: 多血小板血漿(PRP)が抜歯窩の治癒と上皮化に及ぼす影響について. 第14回日本外傷歯学会総会・学術大会, 大阪, 2014年7月26-27日. 同プログラム・抄録集: 44頁, 2014.
  29. 新美奏恵, 芳澤享子, 三上俊彦, 船山昭典, 小山貴寛, 小林正治: 多血小板血漿(PRP)が抜歯窩の治癒に与える影響‐歯の移植への応用を目指した基礎的研究‐. 第24回日本口腔内科学会 第27回日本口腔診断学会 合同学術大会, 東京, 2014年9月18-20日. 同プログラム・抄録集: 80頁, 2014.
  30. 大倉直人, 大倉麻里子, 吉羽永子, 吉羽邦彦, 小田陽平, 依田浩子, 大島勇人, 興地隆史: ヒト歯髄におけるプロスタグランジンE2輸送担体および特異的レセプターの免疫組織化学的局在解析. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, 福岡, 2014年9月26日.
  31. 船山昭典, 三上俊彦, 小田陽平, 新美奏恵, 芳澤享子, 新垣 晋, 小林正治: 口腔扁平上皮癌の頸部郭清術施行症例に対する郭清範囲内再発の臨床統計的検討. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 千葉, 2014年10月17-19日, 日口外会誌60(Suppl): 216頁, 2014.
  32. 小島 拓, 加藤祐介, 長谷部大地, 高辻紘之, 倉部華奈, 齋藤 功, 小林正治: 顎変形症患者に対する顎矯正手術後アンケート調査. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 千葉, 2014年10月17-19日, 日口外会誌60(Suppl): 247頁, 2014.
  33. 柴田哲伸, 五島秀樹, 金丸祥平, 細尾麻衣, 橋詰正夫, 宮本一也, 清水 武: 当科における舌癌の臨床的検討. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 千葉, 2014年10月17-19日, 日口外会誌60(Suppl): 267頁, 2014.
  34. 橋詰正夫, 五島秀樹, 金丸祥平, 柴田哲伸, 細尾麻衣, 宮本一也, 清水 武: 長野赤十字病院口腔外科における周術期口腔機能管理の現状. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 千葉, 2014年10月17-19日, 日口外会誌60(Suppl): 276頁, 2014.
  35. 五島秀樹, 金丸祥平, 柴田哲伸, 細尾麻衣, 橋詰正夫, 宮本一也, 清水 武: 長野赤十字病院口腔外科における口腔ケア活動の取り組み. 第59回日本口腔外科学会総会・学術大会, 千葉, 2014年10月17-19日, 日口外会誌60(Suppl): 276頁, 2014.
  36. 上野山敦士, 泉 健次, 塩見 晶, 齋藤直朗, 原 夕子, 齋藤太郎, 大貫尚志, 加藤寛子, 安島久雄, 高木律男, 前田健康: C配糖体が口腔粘膜上皮角化細胞と線維芽細胞から成る3次元口腔粘膜モデルに及ぼす影響の検討. 平成26 年度新潟歯学会第2回例会, 新潟, 2014年11月8日, 新潟歯会誌 44(2): 127頁, 2014.
  37. 齋藤大輔, 三上俊彦, 小田陽平, 長谷部大地, 西山秀昌, 小林正治: 顎変形症患者における顎顔面形態と骨代謝マーカーならびに骨密度との関連性. 平成26 年度新潟歯学会第2回例会, 新潟, 2014年11月8日, 新潟歯会誌 44(2): 127-128頁, 2014.
  38. 小林正治, 長谷部大地, 竹山雅規, 齋藤 功: 顎矯正手術の効果が不十分であった閉塞型睡眠時無呼吸症候群を有する顎変形症患者の検討. 日本睡眠歯科学会第13回学術集会, 東京, 2014年11月8-9日, 睡眠口腔医学1(1): 78頁, 2014.
  39. 加藤祐介, 長谷部大地, 小林正治: 陳旧性両側顎関節脱臼に対し外科的整復術を施行した無歯顎患者の1例. 日本形成地方会関東支部第96回新潟地方会, 新潟, 2014年11月21日.
  40. 齋藤直朗, 小島 拓, 加藤祐介, 長谷部大地, 須田大亮, 荒井良明, 小林正治: 遊離腸骨移植後の再建下顎骨に対し歯科インプラントによる咬合再建を行った1例. 第18回顎顔面インプラント学会総会・学術大会, 出雲, 2014年11月29-30日, Jpn J Maxillo Facial Implants 13(3): 149, 2014.
  41. 新垣 晋, 金丸祥平, 三上俊彦, 船山昭典, 新美奏恵, 小田陽平, 芳澤享子, 小林正治: 小唾液腺原発がんの再発様相とその要因. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 奈良, 2015年1月29-30日, 同学術集会プログラム集: 230頁, 2015.
  42. 柴田哲伸, 金丸祥平, 宮本一也, 橋詰正夫, 細尾麻衣, 五島秀樹, 清水 武: 診断に苦慮した口底線維脂肪腫の1例. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 札幌, 2015年1月29-30日, 同学術集会プログラム集: 273頁, 2015.
  43. 小田陽平, 八巻正樹, 齋藤 功, 小林正治: 歯科矯正用アンカースクリューについての臨床的検討. 日本形成地方会関東支部第97回新潟地方会, 新潟, 2015年2月6日.
  44. 加藤祐介, 黒川 亮, 佐藤由美子, 三上俊彦, 勝良剛司, 永井孝宏, 田中恵子, 中井恵美, 高木律男: 新潟大学医歯学総合病院 医療連携口腔管理チームにおける外来患者の臨床統計的検討. 第24回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会, 旭川, 2015年3月21-22日. 同プログラム集: 125頁, 2015.

【研究会発表】

  1. 三上俊彦: 下顎歯肉扁平上皮癌術後に発症した頸部肉芽腫性リンパ節炎の1例. 第74回新潟口腔外科麻酔科集談会, 新潟, 2014年5月15日.
  2. 新垣 晋, 金丸祥平, 船山昭典, 新美奏恵, 小田暘平, 三上俊彦, 芳澤享子, 小林正治: 小唾液腺原発がんの再発様相.第74回新潟癌治療研究会, 新潟, 2014年7月26日.
  3. 長谷部大地, 三上俊彦, 齋藤大輔, 浅井佑介, 小林正治: 新潟大学医歯学総合病院口腔外科いびき外来受診患者の臨床的検討. 新潟睡眠呼吸障害研究会, 新潟, 2014年10月11日.
  4. 成松花弥: 多臓器障害を伴った頸部蜂窩織炎の1例. 第75回新潟口腔外科麻酔科集談会, 新潟, 2014年10月30日.

【受賞】

  1. 齋藤直朗, 李 敏啓, 辰巳佐和子, 池田恭治, 網塚憲生, 小林正治: 骨細胞特異的死滅マウスの骨小腔基質溶解における微細構造学的検索.第34回日本骨形態計測学会 若手研究者賞,2014年6月13日.
  2. Takatsuji H, Kojima T, Hasebe D, Kobayashi T: Effects of orthognathic surgery on psychological status of patients with jaw deformities. The 53rd Congress of the Korean Association of Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgeons Outstanding Poster Competition, 10/30-11/1, 2014.

【その他】

  1. 小林正治: 口腔病変の鑑別診断. 神奈川歯科大学同窓会新潟県支部総会, 新潟, 2014年4月12日.
  2. 小林正治: 口腔粘膜疾患の診査・診断. 徳真会セミナー, 新潟, 2014年6月25日.
  3. 小林正治: 睡眠呼吸障害に対する歯科的アプローチ. 睦水会講演会, 新潟, 2014年7月25日.
  4. 小林正治: 全身疾患と歯科治療. 結城市歯科医師会講演会, 結城, 2014年7月26日.
  5. 小林正治: 全身疾患を有する患者の歯科治療. 新潟大学歯学部同窓会近畿支部講演会, 大阪, 2014年10月12日.
  6. 小林正治: 医科歯科連携による有病者の治療. 平成26年度第2回鶴歯学術講演会, 鶴岡, 2014年11月15日.
pagetop