新潟大学大学院医歯学総合研究科 顎顔面再建学講座 組織再建口腔外科分野

教室の紹介

2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年
2004年2003年

研究業績2016

【論 文】

  1. Saito D, Mikami T, Oda Y, Hasebe D, Nishiyama H, Saito I, Kobayashi T: Relationships among maxillofacial morphologies, bone properties, and bone metabolic markers in patients with jaw deformities. Int J Oral Maxillofac Surg 45(8):985-991, 2016.
  2. Funayama A, Mikami T, Niimi K, Kano H, Nikkuni Y, Yamazaki M, Kobayashi T: Electron Probe Microanalysis of Exogenous Pigmentation of Oral Mucosa Originating from Dental Alloy: Two Case Reports. Open Journal of Stomatology 6(4):120-126, 2016. DOI: 10.4236/ojst.2016.64015.
  3. Avila-Ortiz G, Bartold PM, Giannobile W, Katagiri W, Nares S, Rios H, Spagnoli D, Wikesjö UM: Biologics and Cell Therapy Tissue Engineering Approaches for the Management of the Edentulous Maxilla: A Systematic Review. Int J Oral Maxillofac Implants 31 Suppl:s121-164, 2016. DOI: 10.11607/jomi.16suppl.g4.
  4. Nomura T, Powers MP, Katz JL, Ejiri S, Kobayashi T: Histomorphometric Comparison of Transmandibular Implant and Titanium Implant. J Long Term Eff Med Implants 26(3):209-215, 2016. DOI: 10.1615/JLongTermEffMedImplants.2016016210.
  5. Yoshizawa M, Niimi K, Sugai T, Aoyama S, Koyama T, Inoue M, Kobayashi T: Invasive cervical resorption of autotransplanted tooth with complete root formation. JSM Dent 4(3): 1066, 2016.
  6. Kurabe K, Kojima T, Kato Y, Saito I, Kobayashi T: Impact of orthognathic surgery on oral health-related quality of life in patients with jaw deformities. Int J Oral Maxillofac Surg 45(12): 1513-1519, 2016. DOI: 10.1016/j.ijom.2016.07.003.
  7. Uenoyama A, Kakizaki I, Shiomi A, Saito N, Hara Y, Saito T, Ohnuki H, Kato H, Takagi R, Maeda T, Izumi K: Effects of C-xylopyranoside derivative on epithelial regeneration in an in vitro 3D oral mucosa model. Biosci Biotechnol Biochem 80(7): 1344-1355, 2016.
  8. Nishino K, Kohara A, Yakita Y, Ochi K, Hayashi T, Takagi R, Kobayashi T, Terada K, Saito I: Three-dimensional analysis of facial changes in skeletal Class IIIpatients following mandibular setback surgery. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology 28(6): 481-487, 2016. DOI: 10.1016/j.ajoms.2016.05.006.
  9. Katagiri W, Kawai T, Osugi M, Sugimura-Wakayama Y, Sakaguchi K, Kojima T, Kobayashi T: Angiogenesis in newly regenerated bone by secretomes of human mesenchymal stem cells. Maxillofac Plast Reconstr Surg 39(1):8, 2017. DOI: 10.1186/s40902-017-0106-4.
  10. Sakaguchi K, Katagiri W, Osugi M, Kawai T, Sugimura-Wakayama Y, Hibi H: Periodontal tissue regeneration using the cytokine cocktail mimicking secretomes in the conditioned media from human mesenchymal stem cells. Biochem Biophys Res Commun 484(1):100-106, 2017. DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.01.065.
  11. Katagiri W, Sakaguchi K, Kawai T, Wakayama Y, Osugi M, Hibi H: A defined mix of cytokines mimics conditioned medium from cultures of bone marrow-derived mesenchymal stem cells and elicits bone regeneration. Cell Prolif, in press, 2017. DOI: 10.1111/cpr.12333.
  12. Ogata K, Katagiri W, Hibi H: Secretomes from mesenchymal stem cells participate in the regulation of osteoclastogenesis in vitro. Clin Oral Investig, in press, 2016.
  13. 小林正治: 顎矯正手術の周術期管理. 日口腔外会誌 62(11): 1-7頁, 2016.
  14. 柴田哲伸, 金丸祥平, 橋詰正夫, 細尾麻衣, 五島秀樹, 清水 武: 舌下腺腫瘍との鑑別に苦慮した口底線維脂肪腫の1例. 日口腔科会誌 65(3): 264-269頁, 2016.
  15. 加藤祐介, 三上俊彦, 船山昭典, 新美奏恵, 田中 礼, 林 孝文, 小林正治:著しい開口障害をきたした両側筋突起過形成症の1例.日顎変形会誌 26(3): 214-219頁, 2016.
  16. 小島 拓, 長谷部大地, 加藤佑介, 倉部華奈, 船山昭典, 新美奏恵, 加納浩之, 齊藤力, 小林正治:顎矯正手術後に末梢性顔面神経麻痺を生じた5例.日顎変形会誌 26(3): 237-242頁, 2016.
  17. 長谷部大地, 須田大亮, 浅井佑介, 小島 拓, 加藤祐介, 小林正治:新潟大学大学院医歯学総合研究科組織再建口腔外科学分野における48年間の顎矯正手術の臨床的検討.日顎変形会誌 26(4): 266-274頁, 2016.
  18. 小島 拓, 加藤祐介, 船山昭典, 三上俊彦, 倉部華奈, 原 省司, 朝日藤寿一, 八巻正樹, 齋藤 功, 小林正治:著しい長顔を呈する顎変形症患者に対し馬蹄形骨切り併用Le Fort I型骨切り術を施行した1例.新潟歯会誌 46(1): 21-26頁, 2016.
  19. 小林正治:外科的矯正治療が顎変形症患者のquality of lifeに及ぼす影響.新潟歯会誌 46(2): 57-68頁, 2016.
  20. 船山昭典, 三上俊彦, 金丸祥平, 小田陽平, 新美奏恵, 芳澤享子, 新垣 晋, 小林正治:下顎歯肉扁平上皮癌の臨床的検討.新潟歯会誌 46(2): 77-82頁, 2016.
  21. 船山昭典, 三上俊彦, 長谷部大地, 芳澤享子, 小林正治: ツキノワグマによる下顎骨粉砕骨折の1例. 口腔顎顔面外傷 15: 32-37頁, 2016.
  22. 中條智恵, 横林康男, 浅井佑介, 齋藤直朗, 五十嵐登: 乳児に生じた口腔内電撃傷の1例. 富山中病医誌 39(3-4): 56-58頁, 2016.
  23. 横林康男, 中條智恵, 浅井佑介, 齋藤直朗: 下顎第三大臼歯埋伏歯抜歯後に生じた舌神経麻痺の1例. 富山中病医誌 39(3-4): 59-60頁, 2016.

【研究費獲得】

  1. 小田陽平, 藤井規孝, 小野和弘:診療参加型歯科臨床実習における学習効果の可視化―eポートフォリオの開発―.日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C), 26350270, 2016.
  2. 片桐 渉:iPS細胞由来液性パラクライン因子による骨再生医療の開発.日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C), 15K11213, 2016.
  3. 小島 拓: 間葉系幹細胞の移植後動態と骨再生能の解析―骨髄と脂肪組織の比較―. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C), 26463060, 2016.
  4. 長谷部大地,小林正治,小島 拓: 上顎骨移動術が鼻腔形態ならびに鼻腔通気度に及ぼす影響を解明する. 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(C), 15K11238, 2016.
  5. 三上俊彦: 口腔粘膜で癌特性を司るケラチン17:mTORシグナル経路を介した発癌機構の解析. 日本学術振興会科学研究費補助金 若手研究(B), 26861706, 2016.
  6. 片桐 渉: 腫瘍切除等顎骨欠損症例に対し、予後QOL向上に向けた顎骨再生医療法の最適化研究. 日本医療研究開発機構, 橋渡し研究加速ネットワークプログラム, 2016.

【招待講演・シンポジウム】

  1. Kobayashi T: Japan Session: Orthognathic surgery"Risk factors for progressive condylar resorption following orthognathic surgery". 23rd European Association for Cranio Maxillo-Facial Surgery Congress, London, 9/13-16, 2016.
  2. Kobayashi T: Impact of orthognathic surgery on quality of life in patients with jaw deformities. 2016 Annual Congress of ROC Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, Taipei Taiwan 3/4-5, 2017.
  3. 小林正治: シンポジウム3 「顎矯正手術後の骨格安定度を科学する」 顎矯正手術後の顎骨安定度に影響を及ぼす要因.第70回日本口腔科学会学術集会, 福岡, 2016年4月15-17日, 同プログラム・抄録集:  99 頁, 2016.
  4. 小林正治: ランチョンセミナー「外科的矯正治療におけるトラブルを考える」.第26回日本顎変形症学会総会・学術大会, 東京, 2015年6月23日,日顎変形会誌 26(2): 191-192頁, 2016.
  5. 小林正治: シンポジウム「逆カントを呈する顔面非対称症例への対応」 顔面非対称症例の診断と逆カント症例に対する手術計画の立案.第26回日本顎変形症学会総会・学術大会, 東京, 2015年6月23日, 日顎変形会誌 26(2): 77-83 頁, 2016.
  6. 小林正治: 新潟大学医歯学総合病院の将来ビジョンと医科歯科連携. 睦水会講演会, 新潟, 2016年8月25日.
  7. 小林正治: 睡眠歯科研究:最近のトピックス「睡眠呼吸障害に対する歯科的アプローチ」. 日本睡眠歯科学会第15回学術集会, 東京, 2016年11月12-13日, 睡眠口腔医学3(1): 61頁, 2016.
  8. 片桐 渉, 清水 忍, 大杉将嗣, 若山有紀子, 坂口晃平, 鶴田剛士, 渡邉純奈, 日比英晴: 再生医療等安全性確保法に基づく先進医療Bの顎骨再生医療臨床試験実施体制の構築. 公募Workshop4 再生医療の臨床研究, 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会, 幕張, 2016年11月25日. 同プログラム・抄録集: 138頁, 2016.
  9. 小林正治: いびきは万病のもと?「睡眠呼吸障害とその治療」. 南魚沼市立病院群40周年記念 市民公開講座, 南魚沼市, 2016年12月17日.
  10. 小林正治: 顎変形症に対する外科的矯正治療がquality of lifeに及ぼす影響. 六華会(新潟大学歯学部同窓会富山県支部)講演会, 富山, 2017年2月18日.

【学会発表】

  1. Yoshizawa M, Koyama T, Funayama A, Mikami T, Kobayashi T: Tissue-engineered oral mucosa fabricated with oral keratinocytes-enriched population of small-sized progenitor/stem cells maintains a high potential of oral mucosal regeneration after grafting in mice. The 57th Congress of the Korean Association of Oral and Maxillofacial Surgeons, Gunsan Korea, 4/22-24, 2016.
  2. Suda D, Ohazama A, Maeda T, Kobayashi T: The relation between bone strength and mandibular condylar resorption following mandibular distraction in a rat model. 23rd European Association for Cranio Maxillo-Facial Surgery Congress, London, 9/13-16, 2016.
  3. Katagiri W, Watanabe J, Toyama N, Sakaguchi K, Sugimura-Wakayama-Y, Osugi M, Kojima T, Kobayashi T: Translational research for bone regeneration by the conditioned medium from mesenchymal stem cells after maxillary sinus floor elevation. The 55th Congress of the Korean Association of Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgeons, Gwangju Korea, 11/4-6, 2016.
  4. Kojima T, Kurabe K, Kato Y, Hasebe D, Takatsuji H, Katagiri W, Saito I, Kobayashi T: A questionnaire study after orthognathic surgery in patients with jaw deformities. The 55th Congress of the Korean Association of Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgeons, Gwangju Korea, 11/4-6, 2016.
  5. Arai Y, Raymond S, Takashima M, Kojima T, Kobayashi T: Vertical distraction osteogenesis of reconstructed mandible for dental implant rehabilitation: A report of 5 cases. 12th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery, Manila Philippines, 11/9-12, 2016.
  6. Suda D, Ohazama A, Maeda T: The relationship of condylar bone resorption with bone mass and architecture after rat mandibular distraction. Collaborative Symposium Faculty of Dentistry Prince of Songkla University-Niigata University, Koh Samui Thailand, 1/11-13, 2017, program book: 17, 2017.
  7. 長谷部大地, 須田大亮, 原 太一, 浅井佑介, 小島 拓, 加藤祐介, 小林正治: 新潟大学大学院医歯学総合研究科組織再建口腔外科学分野における48年間の顎矯正手術の臨床的検討. 第70回日本口腔科学会学術集会, 福岡, 2016年4月15-17日, 同プログラム・抄録集: 199頁, 2016.
  8. 深井真澄, 大湊 麗, 児玉泰光, 永田昌毅, 今井信行, 小野和宏, 小林正治, 高木律男: 口蓋裂患者における口蓋裂言語の心理的受容過程. 第70回日本口腔科学会学術集会, 福岡, 2016年4月15-17日, 同プログラム・抄録集: 224頁, 2016.
  9. 長谷部大地, 須田大亮, 浅井佑介, 小島 拓, 加藤祐介, 小林正治: 新潟大学大学院医歯学総合研究科顎顔面再建学講座組織再建口腔外科学分野における48年間の顎矯正手術の臨床的検討. 第49回新潟歯学会総会, 新潟, 2016年4月23日, 新潟歯会誌 46(1): 50頁, 2016.
  10. 丹原 惇, 高橋功次朗, 市川佳弥, 朝日藤寿一, 森田修一, 児玉泰光, 高木律男, 小林正治, 齋藤 功: 矯正単独で最終咬合治療を行った完全唇顎口蓋裂の第Ⅱ期治療に関する調査. 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 大阪, 2016年5月26-27日, 同プログラム・抄録集: 136頁, 2016.
  11. 船山昭典, 三上俊彦, 金丸祥平, 新美奏恵, 小田陽平, 芳澤享子, 新垣 晋, 小林正治: 口腔癌患者における同時性重複癌の臨床的検討. 第40回日本頭頸部癌学会, 大宮, 2015年6月3-6日, 頭頸部癌 42(2): 252頁, 2016.
  12. 大倉直人, 枝並直樹, 竹内亮祐, 遠間愛子, 吉羽永子, 吉羽邦彦, 小田陽平, 興地隆史: 培養ヒト歯髄に対するprostaglandin EP2レセプターアゴニストの影響. 第144回日本歯科保存学会2016年度春季学術大会, 宇都宮, 2016年6月9-10日.
  13. 坂口晃平, 片桐 渉, 大杉将嗣, 酒井 陽, 若山有紀子, 鶴田剛士, 日比英晴: 幹細胞由来培養上清を模した成長因子混合剤による新たな歯周組織再生法. 第37回日本炎症・再生医学会, 京都, 2016年6月16-17日, 同プログラム・抄録集: 37頁, 2016.
  14. 金丸祥平, 芳澤享子, 船山昭典, 池真樹子, 阿部達也, 林 孝文, 朔 敬, 小林正治: 残留した残根が顎骨内を深部へ移動した1例. 第42回日本口腔外科学会北日本支部学術集会, 山形, 2016年6月18-19日, 同プログラム・抄録集: 47頁, 2016.
  15. 村上智子, 福井忠雄, 西山秀昌, 林 孝文, 小林正治, 高木律男, 齋藤 功: 顔面非対称を伴う骨格性下顎前突症例における脳頭蓋底の三次元形態分析. 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会, 東京, 2015年6月24-25日, 日顎変形会誌 26(2): 141頁, 2015.
  16. 新島綾子, 森田修一, 高橋功次朗, 丹原 惇, 池田順行, 小林正治, 齋藤 功: 偏位を伴う骨格性下顎前突症例における顎矯正手術前後の正貌硬組織変化と正貌輪郭変化の関係. 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会, 東京, 2015年6月24-25日, 日顎変形会誌 26(2): 141頁, 2015.
  17. 小林正治, 加藤祐介, 新美奏恵, 長谷部大地, 池 元太郎, 齋藤 功: 馬蹄形Le Fort I型骨切り術による上顎骨後方移動術. 第26回日本顎変形症学会総会・学術大会, 東京, 2015年6月24-25日, 日顎変形会誌 26(2): 122頁, 2015.
  18. 小田陽平, 小野和宏, 藤井規孝, 小林正治, 前田健康: 診療参加型歯科臨床実習におけるweb公開型eポートフォリオ―第3報 記述内容の質的分析の試み―. 第35回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 大阪, 2016年7月1-2日.
  19. 西山秀昌, 池真樹子, 小田陽平, 林 孝文: HTML5+JavaScript+CGIを利用した画像診断演習システム(HNImage2). 第35回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 大阪, 2016年7月1-2日.
  20. 須田大亮, 大峡 淳, 前田健康, 小林正治: ラット下顎骨延長モデルにおける下顎頭吸収と骨質の関連性について. 平成28 年度新潟歯学会第1回例会, 新潟, 2016年7月9日, 新潟歯会誌 46(2): 109頁, 2016.
  21. 深井真澄, 大湊 麗, 児玉泰光, 永田昌毅, 今井信行, 小野和宏, 小林正治, 高木律男: 口蓋裂患者における口蓋裂言語の心理的受容過程. 平成28 年度新潟歯学会第1回例会, 新潟, 2016年7月9日, 新潟歯会誌 46(2): 110頁, 2016.
  22. 小島 拓, 加藤祐介, 長谷部大地, 三上俊彦, 芳澤享子, 小林正治: 顎骨区域切除術における三次元立体モデルを用いて作製したサージカルガイドの有用性. 日本形成外科学会関東支部第100回新潟地方会, 新潟, 2016年7月9日.
  23. 加藤祐介, 林 孝文, 三上俊彦, 高辻󠄀紘之, 新美奏恵, 小林正治: 顎関節症状を初発とした乾癬性顎関節炎の1例. 第29回日本顎関節学会総会・学術大会, 神奈川, 2016年7月17-18日, 日顎関節会誌 28(Suppl): 140頁, 2016.
  24. 新美奏恵, 長谷部大地, 船山昭典, 三上俊彦, 小林正治: 顎顔面に多発開放骨折を伴った交通外傷の1例. 第18回日本口腔顔面外傷学会総会・学術大会, 東京, 2016年7月31日, 同プログラム・抄録集: 79頁, 2016.
  25. 魚島勝美, 星名秀行, 山田一穂, 小川 信, 清水太郎, 上松晃也, 荒井良明, 小林正治: 新潟大学医歯学総合病院インプラント治療部開設後の治療実績:10 年間の外来および入院患者. 第46回日本口腔インプラント学会学術大会, 名古屋, 2016年9月16-18日.
  26. 新美奏恵, 芳澤享子,林 孝文,小林正治,: 関節リウマチ患者に発症した舌難治性潰瘍の一例. 第26回日本口腔内科学会学術大会 第29回日本口腔診断学会 合同学術大会, 岡山, 2016年9月23-24日.日口腔内科学誌 22(2): 152 頁,2016
  27. 大倉直人, 吉羽永子, 吉羽邦彦, 小田陽平, 興地隆史: 培養ヒト歯髄に対するprostaglandin EP4レセプターアゴニストの影響. 第23回日本歯科医学会総会, 福岡, 2016年10月21-23日.
  28. 浅井佑介, 長谷部大地, 小島 拓, 齋藤 功, 小林正治: 顎矯正手術が鼻腔咽頭気道に及ぼす影響について. 平成28 年度新潟歯学会第2回例会, 新潟, 2016年11月5日, 新潟歯会誌 46(2): 119頁, 2016.
  29. 齋藤直朗, 横林康男, 中條智恵: 用水路転落により受傷した顔面多発骨折の一例. 平成28 年度新潟歯学会第2回例会, 新潟, 2016年11月5日, 新潟歯会誌 46(2): 120頁, 2016.
  30. 新島綾子, 森田修一, 高橋功次朗, 丹原 惇, 池田順行, 小林正治, 齋藤 功: クラスター分析による骨格性下顎前突症例における正貌パターンの分類. 第75回日本矯正歯科学会学術大会, 徳島, 2016年11月7-9日.
  31. 高辻紘之, 長谷部大地, 三上俊彦, 高橋哲哉, 下畑享良, 小林正治: 喉頭軟化症を伴う多系統萎縮症患者の睡眠呼吸障害に対する口腔内装置治療. 日本睡眠歯科学会第15回学術集会, 東京, 2016年11月12-13日, 睡眠口腔医学3(1): 74頁, 2016.
  32. 須田大亮, 齋藤直朗, 小林正治: 下顎骨延長モデルラットを用いた下顎骨吸収と骨質の関連性の検討. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会, 幕張, 2016年11月25-27日, 日口腔外会誌62(Suppl): 162頁, 2016.
  33. 横林康男, 中條智恵, 齋藤直朗: 下顎第三大臼歯埋伏歯抜歯後に生じた舌神経麻痺の1例. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会, 幕張, 2016年11月25-27日, 日口腔外会誌62(Suppl): 170頁, 2016.
  34. 鶴田剛士, 片桐 渉, 大杉将嗣, 酒井 陽, 若山有紀子, 坂口晃平, 渡邉純奈, 日比英晴: ラット末梢生嚥下障害モデルにおける乳歯歯髄幹細胞由来成長因子による治療効果の検討. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会, 幕張, 2016年11月25-27日, 日口腔外会誌62(Suppl): 191頁, 2016.
  35. 坂口晃平, 片桐 渉, 大杉将嗣, 酒井 陽, 若山有紀子, 鶴田剛士, 渡邉純奈, 日比英晴: 骨髄由来間葉系幹細胞由来培養上清を模倣した成長因子混合剤による歯周組織再生. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会, 幕張, 2016年11月25-27日, 日口腔外会誌62(Suppl): 248頁, 2016.
  36. 三上俊彦, 船山昭典, 金丸祥平, 小田陽平, 新美奏恵, 小林正治: 当科における舌扁平上皮癌Stage I-II症例の臨床病理学的検討. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会, 幕張, 2016年11月25-27日, 日口腔外会誌62(Suppl): 284頁, 2016.
  37. 新美奏恵, 小島 拓, 長谷部大地, 小林正治: 顎矯正手術に使用した吸収性プレートに遅延性の炎症反応を認めた2例. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会, 幕張, 2016年11月25-27日, 日口腔外会誌62(Suppl): 353頁, 2016.
  38. 齋藤直朗, 小島 拓, 須田大亮, 原 夕子, 芳澤亨子, 小林正治: 骨分化誘導と低酸素処理併用によるラット間葉系細胞の多面的骨誘導能促進効果の検討. 第61回日本口腔外科学会総会・学術大会, 幕張, 2016年11月25-27日, 日口腔外会誌290(Suppl): 162頁, 2016.
  39. 髙田寛子, 小田陽平, 三上俊彦, 金丸祥平, 船山昭典, 小林正治: 下顎骨関節突起骨折~当科における10年間の臨床統計. 日本形成地方会関東支部第101回新潟地方会, 新潟, 2016年12月2日.
  40. 長谷部大地, 小島 拓, 荒井良明, 小林正治: 顎顔面変治骨折に対して顎矯正手術とインプラント治療により咬合と審美性を回復した1例. 第20回顎顔面インプラント学会総会・学術大会, 東京, 2016年12月3-4日, Jpn J Maxillo Facial Implants 15(3): 220頁, 2016.
  41. 上松晃也,星名秀行,山田一穂,小川 信,永田昌毅,長谷部大地,荒井良明,高木律男,小林正治,魚島勝美: 新潟大学医歯学総合病院インプラント治療部における骨造成の臨床的検討. 第20回顎顔面インプラント学会総会・学術大会, 東京, 2016年12月3-4日, Jpn J Maxillo Facial Implants 15(3): 224頁, 2016.
  42. 三上俊彦, 船山昭典, 金丸祥平, 小田陽平, 山崎 学, 丸山 智, 西山秀昌, 林 孝文, 小林正治: 前舌腺に発生した腺癌NOSの1例. 第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 福岡, 2017年1月26-27日, 同学術集会プログラム集: 174頁, 2017.
  43. 船山昭典, 三上俊彦, 金丸祥平, 新美奏恵, 小田陽平, 小林正治: 当科における口腔癌T4症例の臨床的検討. 第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 福岡, 2017年1月26-27日, 同学術集会プログラム集: 184頁, 2017.
  44. 竹内涼子, 長谷部大地, 荒井良明, 小林正治: 顎顔面変治骨折症例に対する外科的矯正治療. 日本形成地方会関東支部第102回新潟地方会, 新潟, 2017年2月3日.
  45. 鶴田剛士, 片桐 渉, 大杉将嗣, 酒井 陽, 若山有紀子, 坂口晃平, 渡邉純奈, 日比英晴: ラット末梢生嚥下障害モデルにおける乳歯歯髄幹細胞由来成長因子による治療効果の検討. 第16回日本再生医療学会総会, 宮城, 2017年3月7日.

【研究会発表】

  1. 原 太一: 顎下部腫脹を契機に悪性リンパ腫が判明した1症例. 第78回新潟口腔外科麻酔科集談会, 新潟, 2016年5月12日.
  2. 小田陽平, 三上俊彦, 金丸祥平, 船山昭典, 小林正治: 悪性リンパ腫と口底上皮内癌の同時性重複の1例.第76回新潟癌治療研究会, 新潟, 2016年7月23日.
  3. 内川恵里: 顎矯正手術の周術期管理に苦盧したTreacher-Collins症候群患者の一例. 第79回新潟口腔外科麻酔科集談会, 新潟, 2016年11月17日.
  4. 片桐 渉: 腫瘍切除等顎骨欠損症例に対し、予後QOL向上に向けた顎骨再生医療法の最適化研究.革新的医療技術創出拠点プロジェクト 平成28年度成果報告会, 東京, 2017年3月3日.

【受 賞】

  1. Kojima T: A questionnaire study after orthognathic surgery in patients with jaw deformities. The 55th Congress of the Korean Association of Maxillofacial Plastic and Reconstructive Surgeons Outstanding poster, 11/4-6, 2016.
  2. 小島 拓: 熱可塑性吸収性プレートとβ-TCPによる骨再生の評価. 第16回日本口腔外科学会学術奨励賞,2016年11月25日.

【その他】

  1. 片桐 渉: 骨再生医療の基礎と臨床〜トランスレーショナル・リサーチの到達点〜. 大阪大学大学院歯学研究科口腔外科学第二教室同窓会, 大阪, 2016年4月16日.
  2. 片桐 渉: 薬剤関連顎骨壊死とその実態〜留意すべき薬剤とそのメカニズム〜. 名古屋市昭和区医師会学術講演会, 名古屋, 2016年5月14日.
  3. 小田陽平: 抗がん剤治療における口腔ケア 第2回「がん手術と口腔ケア」. 平成28年度新潟大学ラジオ公開講座, 新潟, 2017年2月26日.
  4. 加藤祐介: 抗がん剤治療における口腔ケア 第3回「抗がん剤治療における口腔ケア」. 平成28年度新潟大学ラジオ公開講座, 新潟, 2017年3月5日.
pagetop