大学院医歯学総合研究科

最新の研究機器を導入し、口の中のさまざまな研究を行う

新潟大学歯学部では最新の研究機器を導入し、口の中のさまざまな研究を行っています。むし歯や歯周病といった歯医者さんの治療に関係することはもちろんのこと、一見、歯の治療とは無関係に思えるような「口の科学」の広範な研究を行っています。

遺伝子やタンパク質の精密解析システム


高解像度のイメージング機器を用いて、免疫細胞と細菌の相互作用をリアルタイムに解析。

CTを応用したインプラント埋入シミュレーション

CTデータを分析してインプラント埋入のシミュレーションを行い、骨内にインプラントと骨量を検討し治療計画を実行している。

「食べる」を科学する

三次元モーションキャプチャーシステム


「飲み込む動きと力」を測る


ものを飲み込む際の舌の動きを検出し、解析する舌機能評価システムを構築しています。

「食べる」を知るための様々な記録


食べることは、実はとても複雑で神経や筋を使って行っている運動です。エックス線、内視鏡、筋活動、脳活動を記録して食べる機能の解明をしています。

再生医療

乳歯由来のiPS細胞を用いた再生医療研究


歯の交換により不要になった乳歯の細胞などを再生医療に応用する試みを行っています。

ラットを使用した細胞移植による骨再生