新潟大学ライフイノベーションハブに新しい講義室が誕生しました。

2020年05月06日 トピックス その他

旧歯学部附属病院跡地の再開発整備により令和2年4月に「新潟大学ライフイノベーションハブ」が竣工し、2階フロアと3階フロアに各100㎡の新たな講義室が誕生しました。

3階講義室は「インテリジェンス・アクティブラーニングクラスルーム(通称:iALC1)」として整備され、ICT設備の導入によりアクティブラーニングや講義収録、自習スペースなど幅広く使用されます。

 

同じカテゴリの記事