インドネシア・ガジャマダ大学との共催で国際シンポジウムを開催しました

2020年02月27日 トピックス 国際交流

和2年2月10日(月)から12日(水)に、インドネシア・バリ島にて、学部間交流協定締結校であるインドネシア・ガジャマダ大学歯学部との共催による国際シンポジウムを開催しました。

このシンポジウムは、現代社会に対応する実践的口腔医療人の育成をメインテーマとして、アジアの協定校と共同で毎年開催しています。

 

今回のシンポジウムでは、本学及びガジャマダ大学歯学部の教員や大学院生をはじめ、アジア各国の研究者ら総勢105名が参加し、北アイルランド・ベルファスト大学のGerry McKenna教授による基調講演、本学教員4名による特別講演、4つのテーマに関する学術シンポジウム、32の口頭発表及び17のポスター発表が行われました。

 

また11日(火)には新潟大学/ASEAN歯学部長会議が開催され、24大学の出席のもと、学生・教員の人材交流に関する実績報告や今後のさらなる交流についての意見交換が行われたほか、本学歯学部のプロモーションビデオ(後日公開予定)が披露されました。

 

同じカテゴリの記事