FD講演会「学習システム・パラダイムへの転換 From my course, to our program」を実施しました

2020年09月25日 トピックス 講演会

令和2年9月7日(月)にFD講演会を開催しました。
講演会はコロナウイルス感染症拡大防止の観点より、Zoomを用いたオンラインでの開催となりました。

今回の講演会は学習システム・パラダイムを実現するために、教員が自身が担当する授業科目だけでなく、教育プログラム全体を通じて、学生がどのように学び成長しているか把握する事の重要性を理解することを目的として開催され、本学経営戦略本部教育戦略統括室の斎藤有吾准教授と歯学部副学部長(教育担当)の小野和宏教授による講演が行われました。

斎藤准教授からは、大学教育における教授パラダイムから学習パラダイムへの転換、そして学習パラダイムから学習システム・パラダイムへの転換に関して説明があり、各授業科目と学位プログラムの整合性を持たせる必要性が述べられました。
小野教授からは、各授業科目の学習成果を可視化して、プログラム内でその科目がどのように位置づけられているか意識することで、授業科目と学位プログラムを紐づけていくことが重要であることが述べられました。

初めてのZoomでの講演会開催となりましたが、100名以上の教職員・大学院生が参加し、講演を傾聴しました。
本講演会が各授業科目の改善のきっかけとなり、さらに歯学部の各学位プログラムが発展していくことが期待されます。

 

歯学部FD委員会の活動はこちらから

同じカテゴリの記事